「リッツ・カールトン香港」で100万ドル夜景を見下す旅【宿泊レポ】

2泊3日の香港へ出張・旅行へ。

バンコクからのフライトは往復路共に大好きなタイ航空ロイヤルシルクを利用しました。

ご縁あって人生初の「ザ・リッツ・カールトン香港(The Ritz-Carlton Hong Kong)」に滞在しました。

リッツは、マリオットグループのポートフォリオの中でも最上級ホテルの一つで、ここ香港リッツは2011年3月開業の比較的新しいホテルで、九龍地区・西九龍にあります。

このホテルのポイント

  1. 最高級5ツ星「リッツ・カールトン」
  2. 香港1の高さの天空ホテル
  3. MRT「九龍駅」直結の好立地
  4. 100万ドルの香港夜景
  5. 世界1の高さのスカイバー「OZONE」

MRT「九龍駅」直結の好立地

エアポートエクスプレス「九龍駅」からホテル直結で、商業施設、高級コンドミニアム、店舗を併設したInternational Commerce Centre (ICCビル)の102階から118階に位置し、ビクトリアハーバー、香港島、新界地区の壮大な景色を堪能しながらの贅沢ステイが魅力です。

駅に着いたら、高級ブランドが立ち並ぶ「エレメンツ」を抜けて「ICC」へ。

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

ショッピングエリア「Elements」からICCビルへ繋がるフロア。

香港リッツは現地に数ある最高級ホテルの中でも、1928年開業「ザ・ペニンシュラ香港」と「マンダリン オリエンタル香港」に次ぐステータスがあるのでは?と勝手に思っています。

中国語では「香港麗思卡爾頓酒店」と書きます。

リッツ・カールトン香å港_Ritz Carlton Hongkong

ショッピングエリアから繋がるホテル入り口。

エレベーターで103階のロビーフロアへ上がります。ロビーで見かける旅行者やビジネスマン達は、服装や持ち物がバッチリ決まっていて洗練されています。

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

9階の車寄せエリア。

103階ロビーエントランス

ここで見かけた西洋人の丸頭の中年ビジネスマンのスーツの着こなしとグッチのローファーが非常に格好良くて、超ビジネス都市に来たことを実感…。

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

上品な雰囲気の103階ロビーフロア。

私は通常の部屋なのでここでチェックイン。一方、スイート宿泊者はクラブフロアでチェックインします。

チェックインカウンター。

112階の客室フロア

チェックインが完了したら、客室専用のエレベーターで102階から112階へ更に上がります。106階から117階までが客室階になっており、世界で最も高い場所にある客室です。多分…

通路は随所にアートワークが飾られていてシックでとても素敵です。

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

客室フロアの通路もアーティスティック。

そして今回のお部屋は112階の21号室。

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

部屋_デラックスルーム

部屋を開けると自動的に窓のカーテンが開く仕組みになっており、ビクトリアハーバーが現れる粋な仕掛けです。因みに、最もスタンダードなここデラックスとクラブルームも実は部屋の内容は全く同じだそうです。

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

ドアを開けたら窓のカーテンが開く。

流石にベッドのクオリティは最高で、本当の快眠に誘ってくれ、翌朝は気持ちよく目が覚めました。

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong
リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

ビジネスデスク。

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

100万ドルの香港夜景を見ながら、部屋で好きな音楽をかけてアルコールやコーヒーを飲む時間は本当に癒されます。

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

BOSEスピーカー

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

フランスのヴァローナのショコラ。

絶景ビクトリアハーバーを見下ろす窓からの景色

眺めは、西九龍を見下ろす、シティービュー、香港国際空港のあるランタオ島や、青衣方面のハーバービュー、そしてビクトリアハーバーから香港島を一望するハーバー・アイランドビューの3つに分かれています。

毎晩20:00から始まるシンフォニーオブライツを部屋から観ることが出来ます。因みに私の場合、初日は香港島での会食で観れず、二日目は仮眠中に見逃す始末…

リッツ・カールトン香å港_Ritz Carlton Hongkong

夜景:眼下には西九龍と香港島が広がる。

雨が続いており、日中は雲がかかってホワイトアウトすることも多いですが、それはそれで天空にいる感じを味わえます。

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

日中の景色:常に雲ががっていた。

随所に香港を感じさせるチャイニーズインテリアが施されています。

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

漢字の「六」の文字のオブジェ。

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

有料ゾーンからはハリボーグミだけ頂きました。いくらかは定かではない…。

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

有料のスナック&アルコール類。

リッツ・カールトン香å港_Ritz Carlton Hongkong

バスルーム

TV付きのバスタブ、シャワー、トイレは独立

贅沢に大理石を使ったバスエリアは、バスタブとシャワールームとトイレが別れていおり、使い勝手は最高。

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

TVの画面には自分の名前が表示される。

普段滞在しているバンコクとホーチミンの部屋にはシャワーしかないので、久々のバスタブタイムに。

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

バスソルトを入れて贅沢なバスタイムに。

バスアメニティは英国ASPREY

アメニティはイギリスの宝飾品会社「アスプレイ」で統一されています。スイートルーム以上の部屋ではエルメスとかなのでしょうか?

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

ちなみにこのお部屋のデザインや配置は、ベトナムのホーチミンにある6ツ星ホテル「ザレベリーサイゴン」にそっくりです。

豪華絢爛「レベリーサイゴン」ベトナム最高"6星"ホテルは想像以上のセレブステイ【宿泊レポ】

2018.12.11

朝食

ルームサービス

今回は朝食は有料のルームサービスを頼みました。朝食は2名分で合計1000HKD程だったような気がします。手数料だけで200HKDが加算されます。

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

コンチネンタルスタイルのブレックファーストセットと苺を注文。

リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

プール&ジム

絶景が見渡せる天空プール

118階に登ると絶景スイミングプールとスポーツジムがあります。特にプールは一面ビクトリアハーバーを見渡すことができる贅沢な仕様になっています。

490メートルもある高層ビルの上層階なので、特に雨天や雲がかっていることが多く、この日は景色には恵まれたませんでした。

今回は、想定しておらず水着を持っていなかったので購入しようと尋ねたら男性用水着1000HKD(約14,000円)と言われ断念。女性用はもっと高かったので、ぜひ街で買う事を強くお勧めします。

リッツ・カールトン香å港_Ritz Carlton Hongkong

メインプールの他に、2つのジャグジーと屋外の温水プールが設置されています。プールサイドにはリラックスゾーンが設けられており、遊泳しなくてもソファに座りながらフルーツやドリンクを無料利用出来ます。

リッツ・カールトン香å港_Ritz Carlton Hongkong

温水・冷水のジャグジー。

ジムは一面が窓ガラスで覆われており、最高のトレーニング環境です。

リッツ・カールトン香å港_Ritz Carlton Hongkong

絶景を眺めながらのランニングは憧れます。

リッツ・カールトン香å港_Ritz Carlton Hongkong

汗を流すビジネスエリート風の男性。

ホテル併設のレストラン・BAR

ホテル館内にはいくつかの飲食店が入っていますが、今回は3ヶ所利用しました。

世界一高いBAR「OZONE」

何と言っても世界的に有名なスカイバー「オゾン(OZONE)」は外せないです。ホテル118階に位置し世界一の高さを誇る一流BARには、文字通り洗練された人々が集まっていました。

気になる料金は2名利用で、カクテル4杯とフード1品を注文して合計13,000HKD(18,500円)程で、金額も一流です。

オゾン OZONE _ リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong
オゾン OZONE _ リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

世界1高いスカイバー「OZONE」| リッツ・カールトン香港の最上階

2019.03.11

ミシュラン2つ星中華「天龍軒」

2日前に予約を入れましたが、窓際のベストシートは全て予約で埋まっていました。2名利用の4品アラカルトランチで700HKD (10,000円)程でした。

天龍軒 _ リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong
天龍軒 _ リッツ・カールトン香港_Ritz Carlton Hongkong

感想

いつもよりワンランク上の非日常を感じさせる、「流石リッツ」と思わせるラグジュアリーな空間で特別なホテル滞在でした。

とにかくホテルスタッフ一人一人のサービスレベルの高さが素晴らしく、ビジネスの面でも勉強になりました。

次回、チャンスがあれば最上級の「ザ・ペニンシュラ香港」や「マンダリン オリエンタル香港」にも泊まってみたいものです。ただ、ペニンシュラだけは飛び抜けて値段が高いのでいつになるやら..。

今回は複数のホテル予約サイトを比較して、最安のagodaから予約しました。

ザリッツ・カールトン香港のレビュー、写真、最安料金での予約はAgodaから







旅行者でも作れる!ベトナムの銀行口座開設の魅力

"

経済成長目覚ましいベトナムの首都ホーチミンでローカル系・外資系の銀行口座開設サポートを行っております。年間6%を越える高金利、情報交換ネットワーク未加入、外国人旅行者でも開設可能な敷居の低さなどメリットが豊富。

年々、開設要件が厳しくなってきているので2019年までが勝負です!お陰様で多くのご要望を頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください