九州出張で見えたムスリム対応の実情。【5月第2週レビュー】

今日は5月16日(月曜日)。ワンテラスプロジェクトはまだまだプロジェクトフェーズはプレシード期です。

4月末より、仮設を検証すべく、To Cサイドのムスリム達に対面ヒアリングを重ねに重ねて、ある程度のフレームワークが完成しました。それを基に、サービスの方向性をぼんやり決めて、少しづつカタチに昇華してきました。

 

そして、先週からは事業者、行政・自治体、競合企業などTo Bサイドへの活動を始めました。そのスタートは、ここ東京ではなく九州の長崎県から。あえて、地方を選んだのは、自身のホームタウンで動きが取りやすい事に加え、関東・関西とのギャップの差を肌で感じるためです。おそらく数年前の日本の中心の事業者・行政の方々が感じていた疑問・不安を、まさに今地方の方々が感じているのでは?と思った次第です。

 

ワンテラスプロジェクトの記念すべきファーストアポイントメントは、大企業「ハウステンボス様」です。長崎県佐世保市の本社経営企画室のN様とディスカッション&プレゼンテーションさせて頂きました。

それから、福岡に飛び、九州観光推進機構(KTPO)、HALAL MINDSというムスリム向けAppを開発したインドネシアの起業家のPさん、地元のっムスリム関連ビジネスの経営者の方々を面談。そして、最終日には九州のスタートアップ情報と経済全体の状況を知るべく、ドーガン・イベントメント社のH様と面談。なぜか、福岡でバリバリ働く高校の友人Y君も同席することに…。笑

 

九州のムスリム観光対応の現状とムスリム対象ビジネスの「生の情報」を得ることが出来たのは貴重な経験となりました。加えて、高校時代の友人とのランチがアツかったです。世界でバリバリ活躍する彼の生き様や考え方にいつも刺激を貰っています。持つべきものは友人だと改めて実感。

 

さて、今週は関西出張と週末は同窓会にオフィス引越しです。久々の大阪、神戸訪問は楽しみです。オフィス引越しは、どちらかと言えば憂鬱です。その理由はまた次回に。

 

■先週の3つの収穫

  1. 九州のムスリム関連のベンチャー企業とのコラボレーションの可能性が生まれたこと
  2. 九州のムスリムビジネスは、まだまだプレイヤー自体が対応や誘致の必要性を実感できていない。その理由は、訪日ムスリムが福岡まで来ていないから。
  3. 事業プランの方向性は間違っていなさそう?という検証ができたこと。ただ、ようはやり方と順番が大事。

旅行者でも作れる!ベトナムの銀行口座開設の魅力

"

経済成長目覚ましいベトナムの首都ホーチミンでローカル系・外資系の銀行口座開設サポートを行っております。年間6%を越える高金利、情報交換ネットワーク未加入、外国人旅行者でも開設可能な敷居の低さなどメリットが豊富。

年々、開設要件が厳しくなってきているので2017年までが勝負です!お陰様で多くのご要望を頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です