バンコク「ドリームバンコク」ポール・スミスが手がけたブティックホテル!【宿泊レポ】

Dream Bangkok Hotel

田英寿氏も泊まったユニークなホテル。

「ドリームホテル」は米国ニューヨーク発のブティックホテル専門ブランドです。ドリームバンコクはアソークに位置し、ポール・スミスがデザインを手掛けたことでデザインに定評があります。

このホテルのポイント

  1. バンコク有数のブティックホテル(オシャレホテル)
  2. 英デザイナーのポール・スミス(Paul Smith)がデザイン。
  3. サッカーの中田英寿も宿泊。
  4. 立地抜群!BTSアソーク駅徒歩5分、MRTスクンビット駅徒歩7分。
  5. 朝食が充実していて美味しい。

ロビー

ホテルはアソーク駅から徒歩5分ほど、スクンビット大通りからはSoi15の少し奥に入った場所にあります。メインのDream「1」とDream「2」の2棟から構成されています。

Dream Bangkok 2

エントランス Dream1棟

Dream Bangkok 10

Dream1のロビー・エントランス

Dream Bangkok 9

Dream1のロビー・エントランス

今回、宿泊したのはDream「2」棟です。

Dream Bangkok 3

Dream2のロビー・エントランス

Dream Bangkok 1

Dream2のロビー・エントランス

Dream Bangkok 4

廊下

部屋 デラックスルーム

5Fのデラックスルームです。部屋のサイズは32 m²で2人ステイには十分な広さです。

部屋のコンセプトカラーはホテル同様にホワイト&ブルーで、照明に特徴があります。照明を落とした後の天井やベッドからの青色の間接照明は「ブルーライト・セラピー」という深い睡眠を誘う効果があるそうです。

Dream Bangkok 5

ベッドが最高にフカフカで心地よいです。

Dream Bangkok 8

キングサイズのベッド

ベッドでリラックスしながら、映画鑑賞が可能です。

Dream Bangkok 11

映画のプログラムも豊富(無料)

Dream Bangkok 6
Dream Bangkok 7

ウェルカムフルーツも完備

Dream Bangkok 7

バスタブがあるのは日本人に嬉しい

Dream Bangkok 8

アメニティ

プール・プールバー

Dream2の屋上11階にはプールとプール・バーがあります。20:00まで指定ドリンクが半額になるHappy hourがあります。

朝食

朝食会場はDream1棟の2階レストランです。朝食は同価格帯ホテル の中では非常に充実していますので、是非おすすめしたいです。毎朝、朝食を楽しみに起床しました。

Dream Bangkok 12

カオマンガイやタイカレーなどの定番料理も設置されています。パンのコーナーには蜂の巣がついている100%純粋なハチミツが設置されています。これが非常に美味しい。

BTSナナ駅も近く、インディアンも多く宿泊するためか、ポークフリー、ベジタリアンフードなども常備されています。

宿泊感想

ラブホ+アート=”ドリームバンコク”」

やはり、このデザインの独自性は新しい体験です。

ビジネスにも観光にも便利なBTSアソーク至近の好立地、ホスピタリティ、朝食の充実度などポジティブな要素が多いです。また、周辺にはショッピングセンターのTeaminal21、高級マッサージチェーンのHealth LandやHootersなどあります。

注意点とすれば、クリーニングは7着ほど出したら1,100THBかかってしまったので、外のランドリーショップを利用するほうが断然安く上がります。あと開業15年目なので施設も少し老朽化している箇所もあると感じました。

アソーク周辺には世界的高級ホテルが多くありますが、ドリームは完全に独自ポジションです。

「Wホテル」などのブティックホテルが好きな方に是非!

 

\🉐お得なドリームバンコクの予約方法/

今回は年末年始価格でしたが、agoda経由で1泊100USDで朝食付きでした。2006年の開業当時に比べると値段は上昇していますが、星4-5のホテルとしてはリーズナブルでしょう。大手予約サイト経由で朝食付きで予約するのが一番お得です。