徹底活用ガイド!「HUBBA」タイバンコクの最強コワーキングスペース(エカマイ・オンヌット・サイアム)

タイ-バンコク-HUBBA-コワーキングスペース

タイのバンコクでコワーキングスペースを探しているならHUBBAが最もおすすめです。

今回は、バンコクのHUBBAグループ3施設の利用ガイドを徹底解説します。

HUBBA

HUBBAとはタイで最初に開設されたコワーキングスペースで、現在はバンコクのノマドワーカー達のメッカです。現在はHUBBAグループ内でバンコクのスクンビットエリアに3箇所のオフィスを構えています。

まず、EKKAMAI(エカマイ)のHUBBAは高級住宅エリアの邸宅をまるごと改装しており、テラスや庭がついたアットホームでクラシックな仕様です。次に、ONNUT(オンヌット)のHUBBA-TOは、コンドミニアム内部に設置された図書館のようなモダンな空間で、24時間利用可能です。そして、DISCOBERY HUBBAは2016年の5月にSIAM(サイアム)駅直結の商業施設SIAM DISCOVERYに新たにオープンしました。

HUBBA@EKKAMAI

HUBBA@EKKAMAI

HUBBA-TO@ONNUT

HUBBA-TO@ONNUT

DISCOVERY HUBBA@SIAM

DISCOVERY HUBBA@SIAM

HUBBAの利用料金・プラン

1日300THB~1年29,990THBまで幅広い価格設定

HUBBAはバンコクのスクンビットエリアに3箇所ありますが、いずれのオフィスも基本利用料金は同額です。1日1000円弱、1ヶ月10,000円弱、1年100,000円弱といった価格帯です。バンコクにある同様の施設の利用料金よりリーズナブルな価格設定です。

hubba-coworking-space-prices

フリーアクセスプランは別料金

それぞれのオフィスに自由に出入りできるフリーアクセス権は別途HUBBA FLOWプランに申し込む必要があります。10日間分の3箇所のオフィス利用権利とその他特典込で、2,790THBです。有効期間は1ヶ月です。

特例が一つ。通常プランで利用していた場合、EKKAMAIのHUBBAで契約していたが、イベント開催で利用できない日は、特別に他のONNUTやSIAMのオフィスへのアクセス権が付与されます。

Thailand-Bangkok-HUBBA-FLOW

HUBBA FLOW PLAN

HUBBA3施設比較

HUBBAHUBBA-TODISCOVERY HUBBA
最寄り駅エカマイオンヌットサイアム
アクセス駅から徒歩10分駅から徒歩10分駅直結
営業時間9A.M – 10.PM9A.M – 8P,M10A.M – 10P.M
利用料金一律同額
施設庭付き高級邸宅を改装コミュニティモール商業施設の1スペース
雰囲気アットホームオシャレなリノベカフェ今時のコワークスペース
会議室複数1箇所オープンスペース
サービス無料ドリンク充実
FBHUBBA ThailandHUBBA-TODiscovery HUBBA

「HUBBA」 @ EKKAMAI

外観・エントランス

HUBBAはグループの本拠地であり、BTS EKKAMAI(エカマイ)駅から徒歩15分程度のSOI4通りの閑静な高級住宅地の一軒家を改装しています。近くのブティックホテル THA CITY LOFT HOTELと提携しており、宿泊者はHUBBAを特別彫金で利用できます。HUBBA利用の際は是非泊まってみる価値のある、素晴らしいコスパホテルです。

THA CITY LOFT HOTELの料金・レビューをチェック

hubba-ekamai-1

外観

ワークスペース

hubba-ekamai-3

ワークスペース

hubba-ekamai-4

ワークスペース

テラス・会議室

hubba-ekamai-5

テラス

hubba-ekamai-2

会議室

「HUBBA-TO」 @ ONNUT

外観・エントランス

HUBBA-TOはBTS ONNUT(オンヌット)駅のHabitoモール(コンドミニアム併設のコミュニティモール)の3階に位置しています。

HUBBA-TO-3

HUBBA-TO-3

ワークスペース

HUBBA-TO-1

HUBBA-TO-

HUBBA-TO-2

HUBBA-TO-2

会議室

HUBBA-TO-4

会議室

「DISCOVERY HUBBA」 @ SIAM

外観・エントランス

BTS SIAM(サイアム)駅直結のハイセンス商業施設、SIAM DISCOVERYの4階の一角でひっそりと営業しています。

ワーキングスペース1

ワーキングスペース2(リラックスルーム)

オフィスの奥に位置するのはリラックスルーム。この部屋では食事をとることが許可されています。プロジェクタやスクリーンが設置されている他、壁一面にはホワイトボードが貼ってあるのでミーティングも可能です。

【参考】タイ屈指のコワーキング「DISCOVERY_HUBBA」-boriのブログ

 

HUBBAの魅力

魅力1. ネットワーキング

コワーキングスペース「HUBBA」の役割はレンタルオフィスではありません。スタートアップ環境を整備し新たなベンチャービジネスを育成するインキュベーションの役割も担っています。そんなHABBAでは、毎週ネットワーキングイベントが開催されており、利用者同士がつながるゲーム(人狼?)イベントから、投資家にプレゼンするピッチ大会まで催されています。

また、EKAMAIのHABBAにはVCサーバーエージェントベンチャーズタイのオフィスが入っています。

魅力2. フリードリンク・スナック

どこのHUBBAにもキッチンやミニバーコーナーが設置されています。随時、無料のスナックやコーヒーが提供されています。DISCOVERY HUBBAでは水ボトルも無料です。

DISCOVERY HUBBA

キッチン

コンディメントバー:左奥にはアイスコーヒー。

コーヒーマシン:エスプレッソが効きます!

冷蔵庫:左奥の水ボトルは無料提供

魅力3. 快適な作業環境

HUBBBAはシンプル且つユニークで快適なワークスペースを提供しています。高速WiFi、会議室などが完備されており、オフィスとして利用する分にも問題はありません。ユーザーもフレンドリーで作業に集中している人が多いため、雑音に悩まされることなく、没頭できます。特に、欧米系のエンジニアが多く利用している印象です。日本人は少数。

 

結論「HUBBAが最強である」

バンコクはまさにコワーキングスペース天国。

自分自身多くの施設を利用してきましたが、HUBBAから始まって、色々経験した後、価格・利便性・雰囲気・立地を加味してHUBBAがベストチョイスという結論に至りました。

HUBBAにはじまり、HUBBAに終わる。バンコクでノマドワークするならHUBBA一択で間違いないです!

 

旅行者でも作れる!ベトナムの銀行口座開設の魅力

"

経済成長目覚ましいベトナムの首都ホーチミンでローカル系・外資系の銀行口座開設サポートを行っております。年間6%を越える高金利、情報交換ネットワーク未加入、外国人旅行者でも開設可能な敷居の低さなどメリットが豊富。

年々、開設要件が厳しくなってきているので2017年までが勝負です!お陰様で多くのご要望を頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です