1万円以下で5ツ星「ミレニアムヒルトン」に泊まれるんです!超コスパ【宿泊レポ】

バンコク_ミレニアムヒルトン_Bangkok_Millennium Hilton Bangkok

GW最後の日は、チェンマイ出張からの疲れを癒す為にホテルへ宿泊。

今回は以前から気になっていたチャオプラヤ川に面した「ミレニアムヒルトンバンコク(Millennium Hilton Bangkok)」を選びました。

ここのヒルトンは、そのブランド力とロケーションに反して、日本人ならびっくりするようなお得な価格で宿泊できるのが最大の魅力です。その旅行記を記します。

このホテルのポイント

  1. リーズナブルな宿泊価格(10,000円前後
  2. タイらしさ満点!雄大なチャオプラヤ川沿い
  3. ルーフトップバー”THREE SIXTY/360″
  4. 観光名所への好アクセス

アクセス・立地

観光に最適なリバーサイド

ホテルはバンコクの西側を南北に流れるチャオプヤラー川の川沿いトンブリー側に位置します。BTSが走るスクンビット方面から来る場合は、BTSサパータクシン駅からホテルのプライベート・シャトルボートが20分おきに運行しています。

川沿いには、名所の王宮、ワットアルン、アジアティーク・ザ・リバーフロント、 ナイトマーケットなど、数多くの観光名所が点在しています。ここの辺は如何にもタイらしいアジアンな景観が広がるエリアです。

マンダリンオリエンタルレジデンス(左)とヒルトン(右)

ヒルトンから見たチャオプラヤ川。対岸にも高級ホテルが沢山。

チャロンナコーン通り側

すぐ真横には最新ショッピングモールの”アイコンサイアム(ICONSIAM)・高島屋”、その横にはマンダリンオリエンタル・レジデンスなど近代的建物から、ローカルマッサージ、セブンイレブンまであります。

スクビットから見た“川向こう側”の街並みは再開発が進んでおり、BTS、地下鉄の延長のほか、高速鉄道、モノレールの構想もあります。

道路からの正門。

ホテルの前の通り。左手にはアイコンサイアム・高島屋。

ロビー

チェックイン

混み合っていたので、”ヒルトンオーナーズ“専用カウンターでチェックインしようとしましたが、今回はTrip.com経由のExpediaで予約していたのでメンバーシップは使えないと判明。。。仕方なく列に並ぶことに。

自分の会員ステータスは上位グレードでは無いのを前提に、ヒルトン公式サイトとOTAサイトだと4000円ほど乖離があったので、安い方を取りました。チェックイン時に2,000THB (7,000JPY)のデポジットが必要です。

デラックスルーム

キングベッドルーム

今回予約したのは最も普通のお部屋です。”ラグジュアリー”では無いかもしれませんが、ビジネスホテルの上位グレードと行った感じです。

かなりお得な金額で予約したので、部屋のクオリティーやビューに不安が有りましたが、中に入るとこのグレードのお部屋で”あの金額“で泊まれるなんて、なんてリーズナブルな!と再認識しました。

キングサイズのベッドの寝心地は最高。

古いホテルながらリノベされシンプルでモダンな客室に。

ここのヒルトンはスイートルームでも朝食付き、ラウンジアクセス有で20,000円程度で宿泊できるのですが…。

今回の滞在目的はホテルでゆっくり映画でも見ながらの寝ることが第一で、朝食も起きない、ラウンジ行かない、だらだらリラックスステイです。

窓際のソファスペースもなんだか快適。

全室リバービュー?

全室リバービューが売りの一つなのですが、今回の部屋からの景色はフルリバービューではありませんでした。ここは残念なポイントでしたが、安いので問題なし!

おそらくヒルトン公式HPから予約していれば、会員特典でアップグレードされて、雄大なチャオプラヤ川を臨むベストビューが確保されていたのでしょう。

11Fの部屋からのチャオプラヤリバービュー。フルリバーなら最高だった。

スタンダードの部屋には、高級ホテルで見かけるネスプレッソマシンは設置されていません。全く問題なし!

バスルーム

最もスタンダードなお部屋でもバスルームは広い間取りで使い勝手が良いです。シャワーとバスタブは独立しています。バブルバスの入浴剤やバスソルトなどは付いていませんでした。問題なし!

バスアメニティは、イギリスのフレグランスブランド「CRABTREE & EVELYN」です。季節の花や果実、ハーブなどの天然素材を贅沢につかった製品らしいです。まあ、普通ですね。

”CRABTREE & EVELYN”のバスアメニティ

機能的なバスルーム。

館内ファシリティ

カフェ”The LANTERN”

川沿いにあるカフェではドリンクの他にケーキ、ベーカリー、サンドウィッチなどが揃っています。今回は朝食はホテルで取らずに、このカフェでサンドイッチとコーヒーを買いました。2名で600THBほど。

プール・ジム

4階にはジムとスイミングプールがあり、宿泊客は無料で使用できます

インフィニティビューのプール。夕方は絶対綺麗。

ジム。景観が….無い。

有名スパ「EFOREA」

自分も一度だけヒルトンパヤタで利用したことがありますが、是非カップルでの利用をお勧めします。

90分のスパパックで一人2999THB(約10,000円)、カップルで5,499THB(役19,000円)という金額です。決して安くは無いですが、eforeaは受賞歴も豊富なスパですし、なにより”ヒルトン”のブランド力を考慮すれば妥当なのでしょうか?

自分は普段はもっぱら200-300THBのカジュアルなローカルマッサージ派です。

ルーフトップバー「THREE SIXTY」

ホテルの33階に位置するスリーシックスティ(360)は外せません。

サンセットを楽しみたい場合は18:00位に行くことをお勧めします。夕景に染まるリバーサイドでカクテルタイムはムード満点です。

19:00頃のチャオプラヤ川の夜景。対岸にはルブアステートの著名BAR”シロッコ”が見える。

宿泊感想

2006年の開業から13年経っているのでホテル自体は一部古く感じるかもしれません。しかし、部屋は綺麗にリノベーションされているので、個人的に全く問題は感じませんでした。”この値段”でヒルトンに泊まれるなら、大満足です。

その一方、日本からの家族やお客様に手配する場合は、確実にスイートルームにしようと思いました。予算が許せば、同じリバーサイドに位置する最上級の「ザ・ペニンシュラバンコク」「マンダリン オリエンタルバンコク」「ザ・サイアム」がきっと最高です。

バンコクにはコンドミニアムを借りているので、なかなか機会が無いですが…マンダリンは憧れます。あと、バンヤンツリーレジデンスやマンダリンレジデンスなどのホテルコンドミニアムも気になります。

旅行者なら必訪のリバーサイドエリアですが、在住者には意外と縁遠い場所なんですよね。この川沿い一帯のホテルでは、再開発によって観光客の大幅増加は確実視されていますので、近い将来ヒルトンも値上がりするでしょう。

今回は、ヒルトン公式HPと複数のホテル予約サイトを比較して、最安だった中国系のtrip.comから予約しました。

金額は朝食無しのキングデラックス(リバービュー)のお部屋で、一泊なんと2,500THB(8,766円)でした。素泊まりとは言え、日本のヒルトンとは異なり、プールやジムのアクセスは無料です。まさに、びっくり価格です。

以前はagodaが最安でしが、稀にタイのホテル予約は、最終価格がtrip.comが他サイトより3000円程度安いケースがあります。

 

タイのヒルトン宿泊シリーズです。特に”ヒルトンパタヤ”は超オススメのホテルです!

パヤタNo.1ホテル「ヒルトンパタヤ」エグゼクティブラウンジ旅行記【宿泊レポ】

2016.03.02

「ヒルトンホアヒン」ビーチフロントと観光に最適立地が魅力【宿泊レポ】

2019.02.04






旅行者でも作れる!ベトナムの銀行口座開設の魅力

"

経済成長目覚ましいベトナムの首都ホーチミンでローカル系・外資系の銀行口座開設サポートを行っております。年間6%を越える高金利、情報交換ネットワーク未加入、外国人旅行者でも開設可能な敷居の低さなどメリットが豊富。

年々、開設要件が厳しくなってきているので2019年までが勝負です!お陰様で多くのご要望を頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください