バンコクで脱毛|男性OKのブラジリアンワックス「Pimmalai」へ行け!

Catch_バンコク_男性ブラジリアンワックス__Trendyasia©

性もVIO脱毛する時代。

バンコクには数多くの美容スパ、ワックスバー、マッサージ店が存在しますが、どれも女性対象で男性OKの店は殆どありません。

そんな中、好立地・綺麗・丁寧・リーズナブル・男性OKの条件を満たした理想的なお店「ピムマーライスパ」をオンヌットで発見したので紹介します。

バンコク在住者・旅行者の方問わず、”メンズのビキニラインのブラジリアンワックス店”を探してる方におすすめです。

 

お店の紹介:「Pimmalai Spa」

BTSオンヌット駅3番出口から徒歩1分の場所にある「Pimmalai Spa(ピムマーライスパ)」です。

事前にネットで検索したところ、日本語でのは少ないもの英語・タイ語では評価の高いレビューが多く並ぶ有名店です。

お店の外観。スクンビット通り沿いで分かりやすい場所にある。

Bangkok_Pimmalai

店内の様子。タイ北部の伝統的なランナー様式。

 

施術:「完全個室と女性施術師」

ワックスは完全個室で受けます。

担当してくれるのは40代中盤の清潔感のある女性です。ワックスは専門領域で通常のマッサージ師は出来ないそうです。このお店でも1名のみなので予約が必要です。

施術を受ける際は勿論ハダカです。局部にはタオルをかけてはいるものの、施術中は取れたりして結局…です。ここでは恥じらいは捨てるしかありません。

Bangkok_Pimmalai 2

施術室の様子。オイルマッサージなどで使用される個室部屋。

「実際は恥ずかしいし、全然痛い…」

そもそも、ブラジリアンワックスとはブラジル発祥の脱毛方法。粘着力のあるワックス剤を脱毛したい部分に塗布し、それを剥がすことで毛根から脱毛します。

デリケートゾーンにササッと温めたワックスが塗られ、それを専用のペーパー(本店ではガーゼ)で勢い良くベリっと剥がされます。毛質や箇所によっては一回で取りきれないので、同じ箇所に2回目もあります。

塗っては剥がし”がテキパキと繰り返されますが、個人的にはかなりの痛みです。初回と言うこともあって肌が慣れていないのもあるものの、何度か悲鳴を上げました。笑

Bangkok_Pimmalai 4

温められたワックス。一見、蜂蜜のようだが粘着力がすごい。

特にVラインの短い毛は取りきれないので、ピンセットで丁寧に抜いてくれます。

最後の仕上げに、ハサミで丁寧にカットして終了。ここまで大体45分程度の施術時間でした。

終了後はバスルームでゆっくりシャワーを浴びてワックスを落とします。施術直後は赤みと腫れが残っており、温水には敏感です。

Bangkok_Pimmalai 3 (

バスルーム。個室に併設された完全プライベート。

 

料金:「VIO除毛で5000円」

今回のVIOラインのブラジリアンワックスで支払った料金は全部で1400THB(約4,800円)です。日本と比べると半額くらいでしょうか?

クレジットカードが利用可です。

  • 男性のVライン:900THB(約3,000円)
  • 男性のI・Oライン:500THB(約1,800円)
Bangkok_Pimmalai 5

料金表。日本に比べれば安い価格設定と言える。

 

感想:「スベスベ最高!」

「自分史上最高のスベスベ肌に」

正直、予想を遥かに上回る快適さで「最高!」です。自分史上最高のスベスベ肌を手に入れた感触で、ついつい触りたくなってしまう程。

唯一のデメリットは、脱毛の効果が永続的ではないこと。通い続けることが必要ですが、その周期は目的に合わせて調整。概ね2ヶ月に1回のペースで脱毛することをおすすめされました。

期間価値に換算すると、一日あたり80円程度で圧倒的快適さを手に入れることが出来ます。東南アジアは年中暑く蒸れやすいので、デリケートゾーンを衛生的に保つためには必要なケアだと納得しました。

タイで男をあげたい男性諸君!

ブラジリアンワックスに挑戦しませんか?モテ男のエチケットです。

お店の紹介

※ワックスの場合は予約をオススメします。

俺のこぼれ話
後日プロンポンSoi22のマッサージ店でブラジリアンワックスを受けました。VIO込みで700THBで安かったものの、カーテンで仕切られた大部屋での施術でした。術後のシャワーも共有トイレしかなく清潔感や安心感に欠けます。やはりきちんとしたスパの個室でゆっくり脱毛すべき。また、セルフケアとして楽天でワックスを買ってみたものの…ちょっと怖い。