「シャングリ・ラ・チェンマイ」一流ホテルの品格に酔う【宿泊レポ】

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル__Trendyasia©

GWはチェンマイに出張&旅行へ。

今回は「シャングリ・ラ・チェンマイ」の旅行記を記します。

「ロイヤルシルクラウンジ”国内線”」スワンナプーム空港 | タイ航空ビジネスクラスでチェンマイへ

2019.05.19
このホテルのポイント

  1. シャングリ・ラなのにリーズナブル価格
  2. ホテル中に格式と品格が漂う
  3. ナイトバザールから徒歩5分

アクセス・立地

ナイトマーケット散策に最適な立地

シャングリ・ラは中心街のチャンクラン通りに位置し、観光スポットの”ナイトバザール”からは南に徒歩約10分程離れているので比較的閑静です。チェンマイ国際空港から車で10分の距離で移動も楽です。

そして、ホテルはチェンマイらしく、寺院建築の特長といわれる”ランナー建築様式”の建物です。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

「シャングリ・ラ」とは、ジェームス・ヒルトンの小説「Lost Horizon」に描かれた伝説の桃源郷に因んでいる。

ロビー・エントランス

チェンマイらしい象のオブジェ

タイでは古くから象の地位が高いです。歴代の王朝国旗に象の絵が描かれています。

古くは、象は森で材木の運搬を担う重目として重用されており、チェンマイに”エレファントキャンプ”が多いのもその名残のようです。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

エントランスでは4匹の象がゲストを出迎えてくれる。

上品な雰囲気のロビーフロア

ホテルエントランスでは常にX線の手荷物検査が実施されており、厳格なセキュリティ体制が敷かれています。少々煩わしいのですが、まあ良しとします。

ロビーはシャンパンゴールドとチーク材をベースとした上品な空間が広がっています。前日は、”如何にもクラシックタイ”という感じの「センタラ クンパヤ リゾート&スパ」に宿泊していたので、この漂う品格は印象的でした。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

タイ北部の伝統様式を基調とした落ちいた空間に迎えられる。

チェックイン

2階入り口付近には衛兵の様な赤い正装を纏ったエントランススタッフがいて、何かと気にかけてくれます。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

サービスマインドが素晴らしいエントランススタッフ。

部屋 プレミアルーム

プレミアルーム

今回予約したのはスタンダードセグメントで最上位のプレミアルームです。クラブラウンジの利用権をつけるかどうかで料金が変わってきます。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

上品な色使いのソファスペース。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

ウェルカムフルーツ。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

ゴールドとタイシルク製のクッションの彩りが美しい。

ベッド

贅沢なファブリックとチーク材を用いた温かなタイスタイルの空間です。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

一見”和”を感じさせる”白×金×赤”の色彩。非常に上品だ。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

キングサイズのベッドは寝心地抜群。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

チェンマイスタイルの調度品やアート。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

デイベッド横の黒い棚はまさかの冷蔵庫。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

ワークデスクスペース。

マウンテンビューガーデンビュー

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

低層階の部屋からは緑豊かな庭園とテニスコートが見える。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

上層階からのダイナミックなマウンテンビュー。

館内ファシリティ

エグゼクティブラウンジ “HORIZON LOUNGE”

アランダスイートやホライゾンルームに宿泊すると、ホライゾンクラブラウンジの利用や特典が使えます。ホテル公式サイトから予約すると空港からの無料送迎がオファーされます。

スタンダードのお部屋を予約した場合でも、追加1,000THBでクラブラウンジ特典をオファーされることもあるようです。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

10階は”ANANDA SUITE”のエグゼクティブフロア。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

毎日17時30分~19時30分までのワイン、カクテル、カナッペが無料で提供されています。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

レストラン”KADO KAFE”(朝食会場)

朝食会場はロビーフロアのKADA KAFEです。モーニングビュッフェは6:00~10:30までで、大人THB755、子供THB378です。agodaなどの予約サイトを使う場合は、パッケージで予約した方がお得です。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル
Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

GW休暇期間とあって日本人ゲストも多く見かける。家族連れと熟年夫婦が多い印象。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル_朝食
Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

名物”カオソーイ”。辛いながらもココナッツミルクの甘みもあるカレースープに、もちもち卵麺が入った、タイ版カレーヌードル。

バー&ラウンジ

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

ランチビュッフェが有名な中華”CHINA GARDEN”

”DIM SUM FESTIVAL”と銘打った中華ランチビュッフェが人気です。平日はわずか349THBって…。シャングリ・ラホテルでこの料金はお得すぎます。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

プール&”CHIスパ”

ガーデンを抜けるとプールとスパが設置されています。

Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル Thai_Chiang Mai_Shangri-La Hotel_タイ_チェンマイ_シャングリラホテル

周辺環境

アジアの熱気”ナイトバザール”

ホテルから食べ歩きグルメとショッピングが楽しめる夜のチェンマイ観光の名物”ナイトマーケット”まで、わずか徒歩5分程です。

結構楽しみにしていたのですが、普段から東南アジアに暮らしている身からすれば、目新しさは一切なく….直ぐに切り上げて、近くの「アナンタラ・チェンマイリゾート&スパ」ホテルのバーにしけこみました。一方、日本在住の人にはきっとエキサイティングだと思います。

通り一帯に様々なタイ雑貨が販売されており、女子には楽しいはず。

宿泊感想

”チェンマイっぽさ”を存分に味わうならシャングリラ

今回はカップルで出張兼旅行で宿泊しましたが、上品な雰囲気の中でとてもリラックスできる滞在でした。また、ホテルには品格という無形資産があることを最認識。

因みに、前日には「センタラ クンパヤ リゾート&スパ」に宿泊しましたが、シャングリラの方が断然満足です。次回、チェンマイに再訪する機会があればシャングリラも良いのですが、是非「アナンタラ・チェンマイリゾート&スパ」に泊まろうと思います。お洒落なBAR目当てに立ち寄ったのですが、ピン川の辺りでかなり雰囲気が良かったです。

毎年11月のコムローイ祭りの時には特に人気です。

\🉐お得なシャングリラチェンマイの予約方法/

ブランド力、立地、サービスなどを加味すれば非常にお得なホテル。バンコクの同ホテルに比べるとリーズナブルで少し手を伸ばせば憧れの高級ホテルに泊まれるのもチェンマイの魅力です。

「アメックスプラチナカード」を発行すれば、シャングリラグループの会員制度”ゴールデンサークル”の上級ステータスのジェイドランクを入手できます。
一般の方は下記の大手予約サイトから朝食付きプランで予約するのが一番お得です。

俺のこぼれ話
チェンマイのタクシー事情は3択
バンコクの様に一般タクシーが殆ど走っておらず、ホテルの手配車、乗り合いのソンテウ、GRABの3択です。今回、市街の何処に行くにもGRABを使って移動しました。因みに、郊外のタイガー動物園、エレファントライド、首長カレン族の村などにも足を伸ばしましたが、GRABのドライバーの方が半日800THBでフルアテンドしてくれました。