パヤタNo.1ホテル「ヒルトンパタヤ」エグゼクティブラウンジ旅行記【宿泊レポ】

ヒルトンパタヤ_Hilton Pattaya Hotel_Trendyasia©

タヤでのナンバー1のホテルは、間違いなくヒルトンパタヤ(Hilton Pattaya)です。

今回は、ラウンジアクセス付きのエグゼクティブルームに宿泊したので旅行記を記します

アクセス・立地

パタヤ随一の観光エリアであるパタヤビーチの中間部に位置する絶好ロケーションです。

Thai_Pattaya_Hardrock Hotel-パタヤ_ハードロックホテル

最も人気の高いパタヤビーチロードの中腹部分に位置している。

ヒルトンパタヤ_パタヤ_タイ_Hilton Pattaya_Thailnad ヒルトンパタヤ_パタヤ_タイ_Hilton Pattaya_Thailnad
ヒルトンパタヤ_パタヤ_タイ_Hilton Pattaya_Thailnad

大型ショッピングモール”Central Festival”と”Hilton Hotel”が同じ建物に。

ヒルトンパタヤ_パタヤ_タイ_Hilton Pattaya_Thailnad

2010年の開業以来、パタヤのリーディングホテルとして名を馳せている。

ヒルトンパタヤ_パタヤ_タイ_Hilton Pattaya_Thailnad
ヒルトンパタヤ_パタヤ_タイ_Hilton Pattaya_Thailnad

16階のロビーラウンジフロア。

ヒルトンパタヤ_パタヤ_タイ_Hilton Pattaya_Thailnad

チェックインカウンター。

ヒルトンパタヤ_パタヤ_タイ_Hilton Pattaya_Thailnad

”Hilton Honors”の会員カウンター。

お部屋

エグゼクティブ”プラス”シービュー

今回宿泊したのはヒルトンエグゼクティブプラス(シービュー)です。通常のエグゼクティブでの予約でしたが、運良くアップグレードして貰うことが出来ました。双方ともに、ラウンジのアクセス権利が付きますが、大きな違いはバルコニージャグジーの有無、部屋の広さ(夫々65㎡, 46㎡)などです。

65㎡の広々した間取りに、開放的なバルコニー、そして海とマッチするようにオフホワイト系で統一されたインテリアで、リゾート空間に仕上がっています。海が見せてくれる表情が時間帯によって全く異なるので、その都度異なる雰囲気を味わえます。

海の感じながらデスクワークも出来ちゃいます。日本の読売新聞も毎日届けてくれます。

ヒルトンパタヤ_パタヤ_タイ_Hilton Pattaya_Thailnad

ベッドは全米売上No. 1のサータ社のヒルトン・セレニティベッドを採用。

バスルーム&バスアメニティ

大理石のバスルームはダブルシンクです。また、日本人には嬉しい独立型のバスタブがシャワーとは別にあります。温度も問題無いので、タイにいながらゆっくりお湯に浸かる事ができます。

ヒルトンパタヤ_パタヤ_タイ_Hilton Pattaya_Thailnad

3. アメニティはピーター・トーマス・ロスで統一

ヒルトンホテル高級ルームの定番、ピーター・トーマス・ロスで統一されています。アメリカのブランドでクリントン前大統領などセレブが愛用しています。

4. ジェグジー付きのプライベートバルコニー

バルコニーは想像以上に広々としており、ジャグジーがついています。ここでお酒を飲んだり、コーヒー飲んだり、読書したりして優雅に過ごせます。特に、夕方のサンセットタイムのパタヤビーチは超最高です。

5. エスプレッソマシン・水・ミニバー

コーヒーや紅茶のバッグは無くなり次第無料で補充してもらえますが、水は2本/日です。それ以上は有料でデポジットから引かれるのかな…?エスプレッソマシンのコーヒー美味しいです。

5. ウェルカムフルーツ

部屋にはコンプリメンタリーフルーツがサービスされます。勿論、スタッフに頼んでカットしてもらえます♪

33階 エグゼクティブラウンジ

ラウンジ特典

エグゼクティブ、スイートのみの宿泊特典として33Fのエグゼクティブラウンジが利用でき、専用アクセスキーが付与されます。

エグゼクティブラウンジにアクセスできるのは、上層階のエグゼクティブフロア滞在者とスイートルーム、ヒルトンオナーズのダイヤモンド会員です。稀にゴールド会員でも、ラウンジアクセスキーを貰えるラッキーな場合があります。
ヒルトンパタヤ_パタヤ_タイ_Hilton Pattaya_Thailnad

“Excecutive Lounge”は33階に。利用時間は6:30 – 21:30。

ラウンジは33Fのフロア半分ほどのサイズ。他のレストラン同様にシービューで開放抜群。部屋と同じで、ウッド調とオフホワイト系の涼しげなインテリアで統一されています。

このラウンジは各部屋とは逆側に位置しているので、ノースパタヤの景色を愉しめます。サンセットタイムにサービスのアルコールを片手にテラスで過ごすのがオススメです。

ヒルトンパタヤ_パタヤ_タイ_Hilton Pattaya_Thailnad

ラウンジからノースパタヤを望むビーチロード夕景。

ラウンジでは軽食を無料で頂けるのが嬉しいです。軽食は種類は多くはありませんが、無料サービスなのでご愛嬌です。因みに、朝食もラウンジでとれますが、13FのEdgeの方が品数が多いのでそちらをオススメします。

個人的にはこれだけのオプションが付くので、グレードUPしてエグゼクティブに泊まる価値は大いにあると思っています。ヒルトンオーナーズのダイヤモンドVIP会員は、どの部屋でもラウンジのアクセスは無料です。

エグゼクティブラウンジ特典

  1. ラウンジでのチェックイン・アウト
  2. ウェルカムドリンク:チェックイン完了後にラウンジでウェルカムドリンクを頂けます。
  3. ラウンジでの朝食サービス:通常朝食はEDGE(13F)ですが、ラウンジで朝食を取ることもできます。平日:6:30-10:30、土日:6:30-11:00です。
  4. ティータイムサービス:15:00-18:00のティータイムに、ラウンジで各種ドリンクとスイーツ類を提供
  5. イブニングカクテルサービス:18:00以降はラウンジで各種アルコールとスナック(軽食)が頂けます。軽食はワンプレート4種盛ですが、その他スナック(パンにチーズ、野菜スティック、フルーツ、乾き物)はおかわり自由です。平日:18:00-20:30 土日:18:00-20:00
  6. ラウンジでの無料wifi
  7. 各種コンシェルジュ:ラウンジのカウンターで、レンタカー、送迎車、レストラン、スパなどの予約をしてくれます
  8. その他:日本の読売新聞が置いてあります。

 

館内ファシリティ オススメ施設6選

併設施設も超充実。ホテル内レストラン&バーには、オープンキッチンで明るい光が差し込む『Edge』、絶品タイ料理を提供する『Flare』、屋外テラスでアルコールが楽しめる『Drift』、パタアの景色を一望できる屋上のバーレストラン『Horizon』、インフィニティプール隣の屋外レストラン『Shore』があり、全てのお店のクオリティが高いです。その他、高級スパ、フィットネスジム、プールなどが充実していて、一日ゆっくりとホテルステイを愉しめます。

おすすめの施設

  1. 「EDGE」高コスパのランチビュッフェ 13F
  2. 「HORIZON」絶景スカイバー 屋上
  3. 「EFOREA」マッサージスパ 17F
  4. 「インフィニティプール」16F
  5. 「Shore」カフェラウンジ 16F
  6. 「CENTRAL 」ショッピングモール B1-6F

ヒルトンパタヤ「edge」ランチビュッフェ大解剖|メニュー・料金・雰囲気・評価

2016.03.02

 

宿泊感想

また絶対泊まりたいと思わせてくれる最高のホテル

ホテルの格・サービス・施設・価格・立地を考えると、5つ星ながらコストパフォーマンスが高いと言えます。

ロケーションは最高!ビーチで寝そべるのも、レストランに行くのも、ローカルフード食べるのも、夜ウォーキングストリートで遊ぶのも、何をするにも便利です。また、ホテル併設施設の充実ぶりたるや…、セントラル・ワールドのフードコートや映画館、「EDGE」のランチ、「EFORIA」のスパ、屋上「HORIZON」の絶景スカイバーなどなど。

不満はありませんが、中国系の団体客とレストランやラウンジで一緒になると煩かったです。

ちょっと奮発するだけで、日本・欧米の半額程度でラグジュアリーステイが体験ができます。

折角ならラウンジが利用できるエグゼクティブルームへ!

 

\🉐お得なヒルトンパタヤの予約方法/

今回のエグゼクティブプラスシービューのステイagoda経由で25,000円程度/泊でした。また、デラックスルームなら17,000円程度から宿泊できます。

ヒルトンオーナーズのメンバーシップを保有者はポイントで宿泊できます。会員限定のアップグレード、ラウンジ、レイトチェックアウトなども有るので直接予約が良いです。

それ以外の方は予約サイト経由で朝食付きで予約するのが一番お得です。

パタヤで実際に泊まってみて、本当にオススメしたい高級ホテルランキングです。

パタヤで泊まるなら5つ星派!|俺的おすすめ高級ホテルTOP5

2020.05.01