パタヤの名店「リンパラパン」の行き方。20kmをレンタルバイクでGO!

パタヤ「リンパラパン」行き方 レンタルバイク

パタヤの「リンパラパン」と言えば、有名女優が経営しており、隠れ家的で超ロマンチックなロケーションで超人気レストランです。しかし、パタヤの繁華街ビーチロードから、20Kmも離れた場所にあります。

 

今回は無謀にもレンタルバイクを利用して、男性2名が2ケツでリンパラパンまでの20Kmの道のりを目指しました。タクシーを借りずに自力で、リンパラパンに行きたい観光客の方におすすめ情報です。バイクでの行き方と所要時間などを書きます。

>パタヤのMARCH HOTELレビュー<<

 

リンパラパン(Rimpa Lapin)

リンパラパンは、パタヤから20kmほど南下したビーチ沿いにひっそりと佇む隠れ家的なタイ料理レストランです。料理も美味しいのですが、1番のウリは、なんといっても小高い崖から望むパノラマシービューです!特にサンセットタイムは絶景です。

タイの有名女優リンダ・クロスが経営しており、現地の富裕層タイ人や観光客に非常に人気があるレストランです。タイ全土で有名で、バンコクから2時間かけて遥々食べにくるお客さんも多いんです。パタヤで女性とデートしたい時におすすめです。

レストランデータ

・住所:Na Jomtien 36, Km. 160, Baan Amphole, Sattahip Pattaya

・営業時間:月~金16:00~24:00 / 土日15:00~24:00

・定休日:無し

Rimpa Lapin公式HP(英語)

リンパラパンのメニュー

 

20kmの道のりをレンタルバイクで行った理由

さて、多くの観光客が集るパタヤビーチエリアからの移動はやや困難です。

なにせ、20kmほどの距離があるので、車などの車両を使う必要があります。
次のように、コスト的問題に加えて時間制限の問題などがあります。

パタヤからリンパラパンへの移動に伴う7つの問題

・ソンテウ(10Bの乗り合いタクシー)が通っていない

・お店周辺のスクムビット通りはタクシーが常に通っていない

・お店の近くにタクシーが停まっていない/呼んでも時間がかかる場合あり

・ホテルで往復リムジンをチャーターすると2000Bathほどかかる

・旅行会社で往復タクシーをチャーターすると1000Bathほどかかる

・一般のタクシーやトゥクトゥクをチャーターしても、帰りに本当に来るか不安

・ドライバーと帰りの時間を約束する必要があるので、滞在時間が限られる

レンタルバイクは簡単にレンタルできる

1000Bathでタクシーをチャーターしても良かったのですが、帰りの時間を指定して迎えに来て貰うことになるので、滞在時間を制限される事が一番嫌でした。折角のリンパラパンだし。

加えて、男2人なので冒険のスリルも味わいたく、結果的にレンタルバイクでの移動を選びました。バイク自体は、2人乗りの結構カッコいいのを200~300Bath/1日でレンタルできます。

契約に必要なものは、デポジット1000BTH・パスポートコピーのみです。実は、国際免許証(2輪許可)が無くてもレンタルすることが出来てしまいます。

 

バイクでの険しい道のり・行き方を完全ガイド

地図検索すると、約20kmを34分(車)と出ています。実際は車だと20分~30分位が移動時間だと思います。バイクだと、もう少しかかります。

今回は後部座席のオイラが、google mapで地図検索しながらナビするという戦法を使いました。道順は非常にシンプルです。

まず、ビーチエリアやセカンドストリートから、セントラルストリート沿いにパタヤ中心に向かって、スクムビット通りに向かいます。通りに出たら、ジョムティエン方向に右折して、ひたすら南下です。

パタヤからリンパラパン 車 時間 距離

20kmの道のり

18:50 「ホテルを2ケツで出発する」

まずは大通りのスクンビット通りを目指す。途中、後部座席のオイラが警察にノーヘルで止められる(注意のみ)。

19:05 「国道スクンビット通りまで出る」

日本で言う国道のような大きな道路。通りに出たら、右折です。ひたすら80km/hで飛ばして直進あるのみ。後部座席のオイラはとても怖かったです。

19:20 「店の付近まで来てUターン場所が分からず迷う。警察が…」

バイクで巡回中の警察に止められるも、道を教えてくれた。対向車線沿いなので、Uターンする。

19:25 「看板を見逃して行き過ぎる」

道路左側の通りを曲がるはずだが、看板が見つからない。ケータイで見ていると、さっきの警察官が来て助けてくれた。運転する友人が時速70kmで飛ばしていたので、見落としていたことに気づく。

19:30 「看板を見つけソイに入り到着」

やっと到着するも、サンセットには間に合わず…。夜7時を過ぎて辺りは暗くなっており、対向車線の看板を捜すのに一苦労でした。看板が見えても、直ぐにUターン場所が無いので、数百m走ってUターンして戻ります。

目印は、ナ・ジョムティエン36と看板です!

リンパラパン RimpaLapin 道 時間

暫く進んでのUターンが必要です。

パタヤのスクムビット通りをラヨーン方面へ約10分。右手にアンバサダーホテルが見えたらそこから約、1.5KMほど先でUターン。「ナ・ジョムティエン36」という細い通りを500mほど直進したところにあります。入り口には大きめの看板が出ているので分かりやすいと思います。

復路は楽勝

行きは、迷ったことと警察に止められたことで、バイク移動に40分程かかりました。一方、帰りは道も分かっていたので、楽勝コースで30分弱で帰ることができました。

 

 

オイラの感想・評価・口コミ

パタヤでの観光は、ディナーは是非リンパラパンに行ってみて下さい。その際は、絶景サンセットタイムに間に合うように時間を調べて行くことを忘れないように♪ あのサンセットビューを見ないと、リンパラパンの価値は半減します。オイラは間に合いませんでした…

 

ただし、バイクで来る様なお客さんはオイラ達以外はいませんでした。皆さん、100%車です!若干、恥ずかしかったです。

 

 

【パタヤ関連の記事】

ヒルトンパタヤの「EDGE」ランチビュッフェ大解剖(メニュー・料金)

パタヤでコスパNo.1のレッドプラネットホテルに泊まってみた。【1泊2000円以下】

パタヤのマーチホテルに泊まったよ。【NEW OPEN!1泊4000円ほど】

ジョムティエンのBy Dee@Jomtien Hotelに泊まってみた。【NEWOPEN!1泊3500円ほど】

パタヤでバイク運転中に警察に捕まったが、なんとか逃れられた話。

【お役立ち外部リンク】

リンパ・ラパンの紹介記事(バンコクナビ/日本語)

旅行者でも作れる!ベトナムの銀行口座開設の魅力

"

経済成長目覚ましいベトナムの首都ホーチミンでローカル系・外資系の銀行口座開設サポートを行っております。年間6%を越える高金利、情報交換ネットワーク未加入、外国人旅行者でも開設可能な敷居の低さなどメリットが豊富。

年々、開設要件が厳しくなってきているので2017年までが勝負です!お陰様で多くのご要望を頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です