タイ航空ビジネスクラス利用@スワンナプーム空港【出国手続き編】

タイ航空-ビジネスクラス-スワンナブーム国際空港

バンコクから香港に移動するために、タイ航空のビジネスクラスを利用しました。

スワンナプーム国際空港ではスターアライアンスのロイヤルファース専用レーンが利用できるので、出国手続きがわずか5分以内で完了ました。その様子を紹介します。

ROYAL SILK チェックインカウンター

タイ航空のカウンターは空港の左側の一等地です。

タイ航空-ビジネスクラス-スワンナブーム国際空港

スワンナブーム国際空港のタイ航空カウンター

タイ航空-ビジネスクラス-スワンナブーム国際空港

ロイヤルシルクのチェックインカウンター

Thaiair-BusinessClass

ビジネスクラスの航空チケット

タイ航空-ビジネスクラス-スワンナブーム国際空港 タイ航空-ビジネスクラス-スワンナブーム国際空港

セキュリティチェック

手荷物検査及びボディチェックを行いますが、一般レーンより確実に緩いです。

タイ航空-ビジネスクラス-スワンナブーム国際空港

イミグレーション

タイ航空-ビジネスクラス-スワンナブーム国際空港

出国手続きを終えてラウンジへ

わずか5分!!で出国手続きが完了しました。流石エグゼクティブレーンは利便性が圧倒的に高いです。

個人的には、ビジネスクラスの旅券はエコノミーに比べて、かなり高いので毎回の利用は難しいです。搭乗中のエクスペリエンスは勿論ですが、やはり出入国がダントツスムーズな点、プライオリティパスやクレジットカードなどのラウンジ特典で入場できないのラウンジへアクセスできる点は大きな魅力です。

出張と旅行でアジア圏の移動が日々多いので、今後はABTCカードタイランドエリートなどの検討もしたいと思います。

さて、今回はその足でタイ航空のビジネスラウンジ「ロイヤルシルクラウンジ」へ行きます。

「ロイヤルシルクラウンジ "C"」バンコクスワンナプーム空港【体験レポ】

2019.03.11






旅行者でも作れる!ベトナムの銀行口座開設の魅力

"

経済成長目覚ましいベトナムの首都ホーチミンでローカル系・外資系の銀行口座開設サポートを行っております。年間6%を越える高金利、情報交換ネットワーク未加入、外国人旅行者でも開設可能な敷居の低さなどメリットが豊富。

年々、開設要件が厳しくなってきているので2019年までが勝負です!お陰様で多くのご要望を頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください