まるで劇場!トンロー「PlayHaus Thonglor」の世界観に心躍る【宿泊レポ】

PLAY HOUSE Thonglor Lobby

1年の締めくくりは日本ではなく、バンコクで過ごすのが通例です。

さて今回は、バンコク屈指のユニークさを誇るシアターホテル”プレイハウス トンローに宿泊したのでその模様を紹介します。

プレイハウス トンロー/PlayHaus Thonglor

Play Haus Thonglor HP

【ホテルのHP】ワクワクする劇場感満載のHP。タイのホテルでここまで作り込んだHPは珍しい。http://playhaushotel.com/

コンセプトは劇場。ミュージカルの舞台にステイできる”シアターホテル”

PlayHaus Thonglorのコンセプトは、その名前の通り“PLAYHAUS・劇場” です。そのコンセプトが細部に至るまで、強く反映されていている、泊まって楽しいブティックホテルです。バンコクには多くのブティックホテルが存在しますが、ここまで異彩を放つホテルは2つとありません。

 

客室は20室しかなく小じんまりとしていますが、全ての部屋がミニクイーンとミニキングの2仕様です。各フロアごとに「アラジン」「ロミオとジュリエット」「メリー・ポピンズ」「4 Reign」と、4つの名作ミュージカルをテーマに、異なる世界観が広がっています。

外観・立地/Exterior・Location

PlayHaus Thonglorはトンローエリアの中でも好立地。BTSトンロー駅から徒歩15分、タクシー3分ほどの場所にある、Skumbit Soi55の大通りに沿いのThonglor Soi 9という中路地に位置します。賑やかで交通量も多いエリアですが、通りから少し離れているだけで、静かで安全なもポイント高いです。

【ホテル周辺】横には動物病院、正面にはマッサージスパ、奥にはラウンジや串かつだるなどもある。

PlayHaus Thonglor Hotel_apearance

【ホテル外観】アパートをリノベーションしており、一見ホテルだとは気づかないかもしれない。

1F. ロビー・バー/Lobby・Bar

ゴージャスで色鮮やかなロビー

PLAY HOUSE Thonglor Lobby

【1Fロビー】

バーとしても評価が高い”Behind The Scene Lounge & Bar

ロビーに併設されているBarは日中は舞台カーテンで閉まっています。ホテル全体が舞台としたら、まさにバックヤードなわけでその名は”Behind The Scene(舞台裏)”です。18:00から2:00までオープンしており、美味しいカクテルが楽しめます。

【Behind The Scene 】

Play Haus Thonglor Bar backstage_3

【Behind The Scene 】

PlayHaus Thonglor Hotel_lobby2

【1F ロビー廊下】

 

2F. スタンダードクイーン/Standard Queen

2Fは “ロミオとジュリエット”の世界

まず、最初に2日間に滞在したのが2Fのスタンダードルーム。2Fの部屋は全て“ロミオをジュリエット”のミュージカルがテーマとなっています。写真で見ると、凝りすぎた内装で一見すると日本式ラブホテルのような印象を受けますが、実際に中に入ると上品で落ち着いた空間です。

まず、15平方メートル程度の広さの部屋内部、非常にコンパクトにまとまっており、一人で宿泊するには十分な広さです。2人での宿泊だとやや狭いです。クローゼットこそ無いものの、壁掛けがあるので上着をかける事ができ、またベッドサイドには冷蔵庫(Mini Bar)、セーフティーBOXなど完備で安心です。

大型の壁掛けスマートTVが設置されており、ベッドから衛生放送は勿論、NET FLIX やYou Tubeを楽しむことができます。ふかふかのベッドは超快適で、このベッドで寛ぎながら、TVを見るのは最高です。

PLAY HOUSE Thonglor 2

【2F クイーンルーム】

照明を落とすと、より一層劇場の雰囲気が醸し出されます。照明など細かいインテリアにも世界観が浸透していているのが素晴らしい。ふかふかの上質ベッドには、枕やクッションが沢山あって、寝心地は5つ星ホテルなみに最高です。

PlayHaus Thonglor Hotel_6

【ベッド】クイーンサイズが標準装備。上質なベッドで、心地よく寛げる。

Playhaus-Thonglor-photos-Exterior-Hotel-

【シャワールーム】全体的にシックに纏まっている。アメニティも完備、シャワーのお湯がしっかり出るのが嬉しい。

 

スタンダードキング/Standard King

5F. 最上階のテーマは「4 Reign」

3日目は部屋を変えて、最上階のキングサイズの部屋を利用しました。

【キング】4Reignは全体的に明るめのトーン。壁にはチャオプラヤ川が描かれている。

 

評価・感想

とにかくユニークすぎ!でも、それでいてホテル基準のホスピタリティー、クレンリネス、アメニティ、ファシリティなどのサービスはしっかり満たしています。アクが強いだけじゃなく、快適なホテルとしての機能がちゃんと備わっているんです!この絶対的なバランス感が良いです。

アメニティも歯ブラシ類やヘアドライアー完備。毎日ボトルウォーターが3本サービスでつきます。冷蔵庫にはMini Bar的にビールやジュースも入っています。遊び場には困らないトンローという好立地、agodaなど予約サイトを使えば一泊5000円以下で宿泊できるバジェットホテルなんだから….そりゃ評価が高いわけです。

GOOD

  1. スタッフの高いホスピタリティ
  2. 何でも揃う好立地
  3. 寝心地抜群のベッド
  4. 部屋が綺麗・手入れされている
  5. 圧倒的な世界観
  6. 十分お得な宿泊価格
  7. 快適でサクサクなWiFi環境
  8. 室内設備・アメニティ
  9. 面倒なデポジット無し
BAD

  1. NET FLIXが使えない
  2. You Tubeの反応超遅い
  3. 部屋壁が若干薄いかな?
  4. BTS駅からは遠い(要モーターサイ)
  5. 部屋の広さとベッドサイズが不釣り合い

 

最後に

Play Haus Thonglor はバケーションというよりは、トンロー界隈で遊びたい人、いつもと違う宿泊体験をしてみたい人、ミュージカルや劇場好きの人におすすめのホテルです。

カップルで宿泊する場合には、必ずキングの部屋を利用して下さい。2人でクイーンは正直厳しいので快適感を欠くことになります。バンコクでユニークな宿泊体験をしてみたい方には、是非おすすめしたいホテルです。

 

タイ旅行の宿はagodaで予約するのが最も高コスパです。最低保証価格の割引率、豊富な日本人レビュー、航空会社マイルの獲得などメリットが沢山!皆さんも是非!

旅行者でも作れる!ベトナムの銀行口座開設の魅力

"

経済成長目覚ましいベトナムの首都ホーチミンでローカル系・外資系の銀行口座開設サポートを行っております。年間6%を越える高金利、情報交換ネットワーク未加入、外国人旅行者でも開設可能な敷居の低さなどメリットが豊富。

年々、開設要件が厳しくなってきているので2017年までが勝負です!お陰様で多くのご要望を頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です