ホーチミン「マジェスティックサイゴン」仏統治時代の香り残す老舗ホテル【宿泊レポ】

ホテル マジェスティック サイゴン

フランス植民地時代の歴史を感じられるフレンチコロニアル様式ホテルの代表格、”ホテル マジェスティックサイゴン“。抜群の立地、一流のサービス、快適な客室、優雅な朝食、高コスパな宿泊料金…とホーチミで絶対泊まるべきホテルです。

このホテルのポイント

  1. 1925年開業、フランス統治時代からの歴史あるホテル
  2. 王族や各界の著名人が利用した数ある5ツ星ホテルの中でも際立つ格式
  3. 立地抜群!1区ドンコイ通りの川沿いに位置
  4. 絶景リバービュー
  5. 沢木耕太郎の小説『一号線を北上せよ』に登場

仏統治時代からの歴史

ホーチミンと言えば嘗ては”小パリ“と呼ばれ、サイゴン4大コロニアルホテル(コンチネンタル、グランド、レックス、マジェスティック)と呼ばれるホテルがあります。其の中でも、マジェスティック・サイゴンは最も古い歴史と格式を兼ね備えた一流ホテルです。

マジェスティックの歴史は1925年に遡ります。華僑系ベトナム人大富豪のHui Bon Hoa氏により建設されました。第一次インドシナ戦争時にフランス軍に買収され、フランス人の社交場として利用された過去があります。戦後1985年からは国営企業のサイゴンツーリストが運営しており、今に続いています。2007年よりベトナム初の5ツ星ホテルに認定されました。

Majestic Saigon 14

1925年開業当時のマジェスティックサイゴン

1階のロビーに入ると、大理石のタイル、シャンデリア、ステンドグラスと…至るところに歴史の重みを感じれる家具、調度品が設置されています。

今回はAgodaからの予約でしたが、チェックインの際にクレジットカードでデポジットを支払いを求められます。今回は1USDがチャージされていました。予約方法によっては、バーで利用できるウェルカムカクテルバウチャーを貰える場合もあります。

Majestic Saigon 7

ステンドグラスをはじめとした随所にホテルのロゴがあしらわれています。

Majestic Saigon 15

部屋(デラックスダブル・リバービュー)

今回、宿泊したのはデラックスダブルのリバービューの部屋です。広さは45 m²で寝室とシャワールームが分かれており、2名利用でも快適に過ごすことが出来ます。

まず、部屋に入ると円柱とアーチのデザインが格調の高さを演出します。そして、白をベースとしたエレガントな様相は、フランス統治時代からの歴史を感じさせてくれます。

Majestic Saigon 2

入り口ドアの部分のアーチ装飾がフランスらしくて非常に優雅です。写真では分かりにくいですが、天井が高くて開放感があります。

そして、このキングサイズのベッドの寝心地がとにかく最高です!この重厚な雰囲気とフカフカのベッドが快眠へ導いてくれます。

Majestic Saigon 3

さり気なく置かれている調度品がアンティークで素敵です。

Majestic Saigon 1

客室から望むサイゴン川の景色です。マジェスティックと言えば、このリバービューが人気なのでシティビューではなく、このリバービューの部屋を予約することをおすすめします。一方で、シティを選択する場合は、絶対に高層階をチョイスしましょう。

リバービューの部屋は交通量の多い通りに面していますので、五月蝿い?と思っていたのですが、騒音は気になりませんでした。

Majestic Saigon 6

101号室の客室からのリバービュー

バスルームは大理石仕様の重厚な造りです。また、日本人には嬉しいバスタブ付きです。古いホテルなのですが、しっかりとメンテナンスされているので、水回りの問題は何も心配要りません。

Majestic Saigon 4

アメニティも揃っています。

Majestic Saigon 5

プール

プールはかなり小さめですが、回廊式の旧館の真ん中に位置しており、静かな時間を過ごすが出来ます。

泳ぐというよりプールサイドで日光浴したりプールバーでアルコールを楽しんだりしてリラックスするといった使い方が適しています。プールとパティオが見えるプールビューの客室も素敵です。

Majestic Saigon 13

朝食

朝食会場は沢木耕太郎の本にも登場した5階の Breeze Sky Barです。朝の朝食ビュッフェは6:30から10:00まで営業しています。夕暮れ時、夕陽に染まるサイゴン川は絶景。夜はサイゴン川を眺めながらのディナーBBQビュッフェが人気です。

シャワーを浴びるとまた屋上のテラスバーに行った。軽く一杯飲みたくなったのだ。
通りすがりにカウンターの奥にいたバーテンに訊くと、このバーには「ブリーズ・スカイバー」という名前がついているのだという。ブリーズは、BREEZE、そよ風の意なのだろう。
席は前日と同じくオープン・エアーのサイゴン河を見下ろせるところに坐った。何を呑もうか考えていると、ボーイが持ってきてくれたメニューの中に、「ミス・サイゴン」という名のカクテルがあるのが眼に留まった。

沢木耕太郎 著 『一号線を北上せよ』より

Majestic Saigon 8

Breeze Sky Barから眺めるサイゴン川と後方に広がる2区エリアの高層建築。

ビュッフェの品数は他の同クラスのホテル(インターコンチネンタル、シェラトン)に比べるとやや少ない印象ですが、この絶景テラスで頂く朝食は格別です。席数は限られますが、是非ともテラス席のリバーサイド席を陣取って下さい!

直ぐ左手眼下には4大コロニアルホテルの一つグランドホテルサイゴンが見えます。こちらも1930年創業の歴史あるホテルです。こちらのホテルのプールも素敵です。

Majestic Saigon 8

左手には開発地区のビンタン区のVinhome Central Parkが見える。

高級ホテルでは定番のオムレツコーナーや、ベトナムならではのフォーコーナーもあります。

Majestic Saigon 11

東南アジアらしいドラゴンフルーやパッションフルーツもあります。

Majestic Saigon 10

レストラン内には日本食も何品か設置されています。

Majestic Saigon 12

 

まとめ・感想・宿泊料金

マジェスティックサイゴン、いかかでしたか?

ホーチミンには中心街ドンコイ通り周辺に数多くの5ツ星ホテルがありますが、悠久の時の経て現代に残るフランス統治時代の歴史の香りが残るマジェスティックサイゴンは一泊の価値アリ!です。

サイゴン川を望むリバーサイドながら、メインの観光スポットやショッピングセンターまで徒歩5分以内にアクセスできる好立地です。約90年の歴史あるホテルですが、施設は改修に改修を重ねコンディション良く保たれています。現在、新館棟が工事中で更に拡張される予定です。

滞在中、ホテルスタッフさんには色々と依頼しましたが、全て丁寧且つ迅速に対応してくれました。ハードもソフトもバランスが良い一流ホテルだと再認識しました。これまでシェラトンサイゴンパークハイアットサイゴンをおすすめすることが多かったのですが、お勧めリストに追加です。

最期に…

今回の宿泊料金はAgoda経由で1泊(朝食込)で17,000円程で合計2泊しました。3月の繁忙期の料金です。格式ある5ツ星ホテルですが、シーズンにもよりけりですが、概ね1泊12,000~25,000円程度で宿泊出来ます。コスパ良すぎる…

ホテルマジェスティックサイゴンのレビュー、写真、最安料金での予約はAgodaから

 

旅行者でも作れる!ベトナムの銀行口座開設の魅力

"

経済成長目覚ましいベトナムの首都ホーチミンでローカル系・外資系の銀行口座開設サポートを行っております。年間6%を越える高金利、情報交換ネットワーク未加入、外国人旅行者でも開設可能な敷居の低さなどメリットが豊富。

年々、開設要件が厳しくなってきているので2017年までが勝負です!お陰様で多くのご要望を頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください