豪華絢爛「レベリーサイゴン」ベトナム最高”6星”ホテルは想像以上のセレブステイ【宿泊レポ】

ザ レベリー サイゴン The Reverie Saigon

ベトナムで唯一の6ツ星評価を獲得しているホーチミン最高級ホテル「The Reverie Saigon(ザ・レヴェリー サイゴン」。

今回は保有しているホテルのメンバーシップ「Signature Club」を使ってキングベッドのデラックスルームに宿泊しました。

このホテルのポイント

  1. 何もかもが豪華絢爛!
  2. ベトナム唯一の”6スター”獲得の高級ホテル
  3. グエンフエ通りの最高立地
  4. ホーチミン随一の全室パノラマビュー
  5. 朝食が絶品
  6. 1ランク上のセレブステイ

絢爛華美な内装

ホーチミン市の1区中心街には、パークハイアット、シェラトン、インターコンチネンタル…など世界的5ツ星ホテルでの宿泊が(先進国に比べて)割安な価格で提供されています。

そして、其の高級ホテルの中でも、中華系オーナーの“世界に誇れるベトナムのホテルをつくる!”という、強い意志と巨額の予算をもとに建てられた、群を抜いて豪華なバブリーホテルと言えます。

ホテルは商業ビルと一体になっており、アクセス抜群のグエンフエ通り(Nguyen Hue)に面しています。

ザ レベリー サイゴン The Reverie Saigon

青が美しいアラビックな荘厳な装飾

チェックインは7Fのロビーで行います。家具は全てイタリアからインポートしおり豪華な装飾に目を奪われます。

デポジットは2 MillionVND(10,000円)が請求されますので、クレジットカードで支払います。

今回は図々しくもスイートへのアップグレードをねだってみましたが、この日は空きがなく無理だと言われてしまいました。

ザ レベリー サイゴン The Reverie Saigon

世界屈指のイタリアン家具ブランドの数々が並べられている

ザ レベリー サイゴン The Reverie Saigon
客室フロアの廊下

お部屋

リバービューデラックスルーム

お部屋の雰囲気はこんな感じです。キングベッドのデラックスルームです。このタイプの部屋は最もスタンダードなのですが、43平米もあり広々としています。そして、奥にはホーチミン1の高さを誇るホテルからのダイナミックな眺望が広がっています。

ザ レベリー サイゴン The Reverie Saigon
ザ レベリー サイゴン The Reverie Saigon

デスクにはウェルカムワインとスナックが置いてありました。流石6スターのホスピタリティですが、間違えて設置された事が後ほど判明しましたので、これはデフォルトサービスではありません。

ザ レベリー サイゴン The Reverie Saigon
VIP ゲストにはワインのプレゼント
ザ レベリー サイゴン The Reverie Saigon

30階の部屋からの眺めですが、蛇行するサイゴン側の先に開発中のトゥーティエムエリアが見えます。3年後にはこの景観も先進的な上海のようなシティービューになっているはずです。

ザ レベリー サイゴン The Reverie Saigon
ザ レベリー サイゴン The Reverie Saigon
文具も設置されていてビジネスユーザーには嬉しい

 ネスプレッソ・マシンや、フランス、ダマン社の紅茶も各種取り揃えられています。

ザ レベリー サイゴン The Reverie Saigon
ネスプレッソのカートリッジは清掃毎に完全補充される
ザ レベリー サイゴン The Reverie Saigon
ウェルカムフルーツ

バスルームは広々としていてラグジュアリーそのもの。バスタブとレインシャワーが別に設けられ、トイレには温水洗浄機能が完備されています。日本人のご年配の方には嬉しい設備だと思います。

ザ レベリー サイゴン The Reverie Saigon
ザ レベリー サイゴン The Reverie Saigon

このお部屋はスタンダードなのでアメニティはショパールですが、セミスイート以上の客室ではアメニティはエルメス又はアクア・ディ・パルマで統一されています。

ザ レベリー サイゴン The Reverie Saigon
バスアメニティは時計で有名なスイスの”ショパール”

夜の雰囲気は夜景が映えるので一層ロマンティックになります。1日に最低2回はクリーニングが入るので、出かけた後は常にベッドメイキングされた状態で気持ちが良いです。

ザ レベリー サイゴン The Reverie Saigon

パノラミックなホーチミンの夜景が大きな窓ガラス一面に広がります。左手前には国営銀行保有のベトコムバンクタワーが、中央奥にはビンホームセントラルパーク内のランドマークタワー81が見えます。

客室からのビンタイン区と2区の夜景

ディナーから部屋に戻ってくるとベットサイドに”チョコレート”が置いてありました。

ザ レベリー サイゴン The Reverie Saigon
チョコレート

朝は日が差し込んで爽やかな起床です。眼下のホーチミンの溢れるエネルギーに自分も頑張ろうと鼓舞されます。

まだ雲がかかる景色

ちなみにこのお部屋のデザインはリッツ・カールトン香港に酷似しています。レベリーが後発なので、恐らくリッツをベンチマークしているのでしょう。

「リッツ・カールトン香港」で100万ドル夜景を見下す旅【宿泊レポ】

2019.03.08

朝食

絶品モーニング

朝食会場は7Fチェックインフロアから下った「カェ・カーディナル」で。ここは2フロア分の吹き抜けスペースで、開放感があります。

ザ レベリー サイゴン The Reverie Saigon

朝からシャンパンが飲み放題です!!!

朝食はビュッフェの他にも、メニュー表から選ぶことも可能です。これらのメニューも制限はなく好きなだけ食べることが可能ですので、流石のクオリティです。

メニューの中からオーダーしたのはフォオグラ添えのThe Reverie Eggです。

フホアグラ添えのエッグネネディクト的な
セルフチョイスした朝食セット

 

宿泊感想・宿泊料金

これまでホーチミン中心街の高級ホテルは仕事関係などで殆ど宿泊してきました。

宿泊体験はパークハイアットサイゴンがナンバーワンだと思っていましたが、今回でレベリーサイゴンが自己ベスト更新です。

正直、オーナーは香港の人で豪華絢爛なだけの下品なホテル?かと勝手な偏見を持っていました。社会主義国ベトナムは、ホテルの星は当局へのコネクションや賄賂で買えます。それを知っていた分、6ツ星といえど期待感が薄かったのです。

しかし、実際はファシリティ、食事、サービスなど素晴らしいです。他のホテルでは味わえない1ランク上のセレブ宿泊体験です。

カジノこそ併設されてはいませんが、徒歩3分のマジェスティック、カラベルサイゴン、レックス、シェラトンサイゴンに24時間営業の有名カジノがあるので、カジノ好きの方でも問題無いです。

気になる宿泊料金は、通常agodaでデラックスキング(2名朝食付き)の部屋で45,000円程度です。安い金額では無いですが、これだけ贅を尽くしたホテルにこの価格で宿泊できると考えれば、十分納得の範疇。

因みに、今回はホテルのメンバーシップを使ったので全て無料でした。

 

予約サイトagodaのレビューも軒並み高評価ですので、詳細をチェックしてみて下さい。

レベリーサイゴンホテルのレビュー、写真、最安料金での予約はAgodaから







旅行者でも作れる!ベトナムの銀行口座開設の魅力

"

経済成長目覚ましいベトナムの首都ホーチミンでローカル系・外資系の銀行口座開設サポートを行っております。年間6%を越える高金利、情報交換ネットワーク未加入、外国人旅行者でも開設可能な敷居の低さなどメリットが豊富。

年々、開設要件が厳しくなってきているので2019年までが勝負です!お陰様で多くのご要望を頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください