スタンダード・チャータード銀行 VIP特典「Priorityラウンジ」を使い倒す!

トナムで富裕層向けのウェルスマネジメントサービスを提供する銀行は、会員顧客に対して様々なベネフィットを提供しています。

手数料緩和や金利優遇などありますが、中でももっとも一般的に有名なのが銀行併設のVIPラウンジへのアクセスです。世界的には”HSBCプレミア“や”Citiゴールド“などが有名ですが、Standard Chartered Bankにも同意義の”プライオリティ“サービスがあります。

今回は、ベトナムのスタンダード・チャータード銀行ホーチミン支店のPriorityラウンジの使い勝手が良いので紹介します。

ベトナム「スタンダード・チャータード銀行」|外国人が口座開設する方法

2020.04.29

同行はホーチミン市1区TonDucTan通りのSaigon Trade Center内に拠点があり、1FにPriorityラウンジが設置されています。

ホーチミン市1区のSaigon Trade Centerの戦艦店

かつてPriorityは、2F一般フロアの奥の小さなスペースで細々と営業していましたが、2017年の夏に1Fフロアに大型ラウンジがオープンしました。2018年には同市7区の富裕層が多いPhu My hungエリアにも新支店をオープンし、VIPラウンジが設置されています。

同行のベトナムのリテール部門における積極的な拡大姿勢が伺い知れます。

Standard Chartered Vietnam-Priority

Priorityのカウンター

ここのラウンジはモダンなデザインで統一されています。ホーチミン市のHSBCやCitibankのVIPラウンジに比べても、オシャレな空間です。余談ですが、同じCitibankでもハノイ本店のラウンジは洗練されていて素敵です。

雰囲気だけで言えば、ホーチミンの玄関口”タンソンニャット国際空港”の有料空港ラウンジ”Lotus Lounge“や”Orchid CIP Lounge“より、イケているのではいでしょうか?

Standard Chartered Vietnam-Priority

ラウンジではスタッフが注文をとってドリンクを提供してくれます。同じスタチャーでももっと豪華なメニューを提供している国もあったり、支店間でサービスは異なります。

また、グローバルバンクでなくても、タイの三菱UFJ傘下の地場銀行、クルンシー(アユタヤ)銀行のVIPラウンジではDEAN & DELUCAカフェが併設されており、菓子パン、サンドイッチ、スイーツやバリスタが入れるドリンクが無料で提供されます。銀行間でも大きな違いがあります。

コーヒーだけはなく、紅茶やソーダなども注文できる

Standard Chartered Vietnam-Priority

オリジナルカップはVIPにアップグレードした際にギフトとして貰うことができる

ホーチミン支店の会議室はLavenderとJasmineの2つが設置されています。通常、担当RM(リレーションシップ・マネージャー)との面談時は空いている限り、ここで行います。

また、予約すれば私用でも利用OKなのは有難いです。各部屋、TVを使ってPCから資料を投影できるので、仕事の打ち合わせにも大変重宝します。

会議室

ベトナムはシェラトン、パークハイアット、インターコンチネンタルなど5ツ星ホテルのロビーラウンジのメニュー料金が日本の半額程度なので、よく打ち合わせで利用します。しかし、ここのラウンジや会議室は煩くないですし、機密性が高いので使い分けています。高速Wifiや無料コーヒーも嬉しいです。

ラウンジ奥には、専用の銀行窓口が設置されています。ベトナムのスタチャーは支店数が少ないので、2Fの一般銀行窓口は常時混んでいます。しかし、Priorityの窓口は常にスムーズに取引を行うことが出来ます。全ての銀行業務が可能です。

ラウンジ併設のVIP専用銀行窓口

以上、スタチャーのPriorityラウンジの紹介でした。

スタンダード・チャータード銀行はロンドンに拠点を置く、世界有数のTOP名門銀行です。欧州の金融機関ですが、リテール部門(一般顧客向け事業)はアジアとアフリカに集中しています。かつては日本にも支店があり、東京でもPriorityサービスを展開していましたが、2012年に撤退しています。

このVIPサービスは、グローバルに利用できる点が最大の魅力なのですが、国によって入会条件つまり、最低預金金額が異なるというサービスの抜け穴があります。ですので、入金条件が低い国でVIPステータスを達成及び維持しながら、難易度が高いシンガポールなど先進国のVIPサービスにアクセス可能となります。

ベトナムでは、Standard Chartered Priorityだけではなく、HSBC PremierCiti GoldなどのVIP会員条件が最も低く設定されている国です。あの憧れの外資系銀行VIPステータスが”かなり身近に”なります。

 

\🇻🇳スタンダードチャータード銀行の口座開設/

2020年現在ベトナムの銀行口座開設は随分と難しくなりました。特に外資系銀行はマネロン対策に厳しく、非居住者の開設要件が厳格です。

オフショア口座の開設は押し寄せる規制の波との勝負。ベトナム居住者、日本在住非居住者の双方から沢山のご相談を受けております。海外口座は作ったもん勝ちなので、今のうちに保有しておいて損は無いです。