ベトナム「ベトコンバンク」| 外国人が銀行口座を開設する方法【2020年】

銀行口座開設_ベトコムバンク_ベトナム_Vietcombank_Vietnam_

トナムで銀行口座を作るなら、どこの銀行が一番良いのか?

2020年5月現在、非居住者(現地で就労をしていない旅行者)でも銀行口座を開設できる可能性はあります。

今回はベトコムバンク」で普通口座と定期預金口座を開設する方法を紹介します。

一行目で付き合う銀行としては間違い無い選択です。

 

ベトコムバンク(VIETCOMBANK)とは

Vietcombank_Vietnam

ホーチミン市1区に聳えるベトコムバンクタワー

旧中央銀行の外商部門を引き継ぐ BIG4の一角

ベトコムバンク正式名称Joint Stock Commercial Bank for Foreign Trade of Vietnam(略VCB))の国営系の大手商業銀行です。旧国家銀行の外国為替部門が独立して1963年に設立。総資産ベースでベトナム国内第4位。

ベトナムには、アグリバンク(Agribank)・ベティンバンク(VietinBank)・Vietcombank(ベトコムバンク)・BIDV(ベトナム投資開発銀行)と4大国営銀行があり総称してBIG4と呼ばれています。一方で、テッッコムバンク(Techcombank)などは代表的な民間銀行です。また、外資系ではHSBC・CITI・スタンダードチャータード(Standard Chartered)などがあります。

国内の金融機関の中でブランド力№1です。ベトナム国内での取引でUSDベースの金額をVND建で請求する場合、VCBレートが活用されます。

2012年より日本のみずほ銀行が資本参加し株式の15%を保有しており、日本からの出向者が本行の副頭取を務めています。その他北海道銀行など多くの地銀と業務提携を結んでいます。

オレ
大小様々な商業銀行がありますが、今後は業界再編により統合されていきます。金利が高いだけの弱小銀行はガバナンスレベルも低く危ないです。その点ベトコムバンクは国営系で破綻リスクは低いので安心感があります。 

 

外国人の銀行口座開設の手続き

毎週月曜日は「アオザイ」を着用

外国人の口座開設条件

まず、銀行口座の開設のためには当人が支店に来店する必要があります。

日本語デスクは無いので、英語かベトナム語での作業です。大型支店には外国人カウンターがありビジネスレベルの英語話者がいます。

口座開設申込用紙には基本的なパスポート情報に加えて、ベトナムと日本の住所、電話番号とメールアドレス職業・会社名・年収などを記載します。銀行からの通知は全て電子化されており、住所にカードや書類が送られてくることはないです。

ビザが必須でノービザ入国の場合は開設できません。ネットバンクの開設にSMS登録が必要なので、ベトナムのSIMカードとSIMフリー対応の携帯電話を準備します。

所定要件を満たせば非居住者の外国人でも開設可能です。

📑VCBの提出書類・開設条件

  1. パスポート
  2. ビザ(査証)
  3. ワークパミット・レジデンスカード(一時在留許可証)*支店担当者により免除
  4. ベトナム現地 居住住所
  5. ベトナム現地 携帯電話番号(SIMカード)
オレ
中央銀行は外国人の銀行口座開設に関して、ワークパミットかレジデンスカードの提出を義務つけていますが、実は100%統一されていません。銀行・支店・担当者によって求めたり、求められなかったりします。銀行側も開設にあたり説明義務があり、一人で行って英語が全く話せない場合は開設を断られます。

外国人の口座開設のながれ

まず、申請申にパスポート情報、本国の実家、ベトナムの住所、職業・年収など必要事項を記入します。書類はベトナム語版と英語版の両方があるので、必ず英語記載で貰いましょう。申請する口座タイプは、①VNDの普通口座(Current Account)、②そこに紐づく外貨口座でJPY・UDSなど必要通貨、③ネットバンキング、④国際ATMデビットカードを選択するのが一般的です。

✍VCBの口座開設のフロー

  1. 申請用紙の記入・パスポート類の提出
  2. 審査→口座番号の発行
  3. 最低預金を入金する
  4. メールでネットバングのパスワード発行
  5. 24時間以内にネットバンクのアカウントをアクティベート
  6. デビットカードの発行 *後日発行
  7. デビットカードのアクティベート*後日
オレ
アクティベート作業は自分で行います。24H中に完了しなければ、再来店しないと永遠にネットバンクが使えなくなるので要注意。登録したメールアドレスが正しくない場合はパスワードが送られてこないので、申請用紙の細かいスペルチェックが必要です。

 

外国人が利用できるサービス

👌外国人が開設・利用可能なサービス

  1. 当座預金口(Current Account)
  2. 貯蓄口座(Saving Account)
  3. 投資用口座(Investment Account)
  4. ATMカード (VISAデビットカード)
  5. インターネットバンキング
  6. クレジットカード

①普通預金口座(Current Account)

普通口座とは一般的な日常使いの口座です。ベトコムバンクの場合、マルチカレンシー制でメインのベトナムドン(VND)に加えて、JPY・USD・EUR..moreなどの多様な外貨口座を開設できます。ATMカードはVNDとUSDの普通口座に紐付けることができます。カードにVisa Debit(デビット)機能を付与していれば、ベトナムに限らず世界中の当該国通貨で引き出すことが可能です。

登録すれば、現地のクレジットカード、携帯電話、公共料金の支払いも自動引き落としが可能です。

🏧普通口座の概要

  • 口座最低預金額:VND 1Milli(5000円)・JPY1500円・USD 30ドル
  • 金利:VND口座のみ 0.1%
  • 口座維持手数料:無料
  • 外貨口座:6通貨(JPY・USD・GBP・AUD・EUR・SGD

普通口座への入金方法

外国人の場合、普通口座への入金方法は3つです。

  1. 現地企業からの毎月の給料の振込(要 労働許可証)
  2. 海外からの国際送金
  3. 税関申告書と一緒に窓口入金
オレ
ローカルの銀行は窓口入金・ATM入金が不可能です!外国人の場合、例えベトナムドンでも手持ちの現金を気軽にローカル銀行の普通口座へ入金することは不可能です。国内で入金する方法は、入国時に空港税関で外貨持ち込み申告を行い、その証明書を持って外貨を当該通貨口座へ入金する方法しかありません。つまり、ハンドキャリーする対象通貨の外貨口座が必要なのです。ATM入金も不可。

入国時の持ち込み税関申告をして、外貨を預金する方法について書いています。一旦、JPYまたはUSDで預金して口座間でVNDへ両替えするのが出口戦略を考慮した時に有効です。

ベトナム「現金の税関申告」方法|円・ドルを”合法的”に持込めるぞ!

2020.04.22

ベトナム「銀行で外貨預金する」方法|日本円・ドルでキープできるぞ!

2020.04.22

普通口座からの出金方法

  1. ATMカード(VND・USD口座)からの出金 ※USD口座からの出金は国内のみ
  2. 銀行窓口で全ての保有通貨口座からの出金が可能
  3. ネットバンキングでの国内送金

海外へ預金を移動させたり現金を持ち出す方法について書いています。

ベトナムから海外へお金を動かす方法|国内資金を”合法的”に外へ持ち出せるぞ!

2020.04.23

②VISAデビットカード(International Debit Card)

ATMカードにVISAデビット機能が付加されたカードです。世界中のVISA加盟店でのPOS取引や、ATMでの普通口座からの引き出しが可能です。

新規発行されたカードは現地同銀行のATM機でアクティベーションが必要です。カードをATM機に挿入して、付属の仮PINコードを使って、オリジナル暗証番号の登録を完了して利用可能にします。国内のATMでしか完了できない作業なので注意が必要です。

💳デビットカードの概要

  • 発行手数料:250円(50,000VND)
  • 月間維持手数料:25円(5000VND)/月
  • ATM引き出し手数料:5.5円(1,100VND)/回
  • 他銀行ATM引き出し手数料:16.5円(3,300VND)/回
  • 国外でのATM引き出し手数料:4%/回
  • 発行までの所要期間:2週間
オレ
カード類の発行は2週間かかります。開設時に引き換え書をもらい、後日同支店に受取に行きます。支店にカードが到着してから、45日以内に受け取れない場合は自動破棄されます。契約書を交わせば、代理人に受け取ってもらうことが出来ます。

③インターネットバンク(Internet Banking)

ベトナム_Vietcombank_ネットバンキング

ネットバンキングの画面

ネットバンクは開設こそ無料ですが、月々の口座維持手数料が必要です。開設通貨の全てのバランス確認、定期預金、クレジットカードの利用状況など全て確認できます。ベトナム国内でも海外からでも、アクセス可能でVNDとUSDに限ってはベトナム国内口座間でのオンライン送金が可能です。一方で、JPYなど他外貨口座からのオンライン送金は不可能です。

💻ネットバンクの概要

  • 開設手数料:無料
  • 月間維持手数料:45円(8,800 VND)/月
  • 発行までの所要期間:2週間
24H以内の初期アクティベーション必須
ベトナムの銀行はネットバンキングを開設して、利用する為に開設時に初期アクティベーションが必須です。登録したベトナムの携帯電話番号のSMS経由でパスワードを受信して、ネットバンク内で登録します。口座開設から24時間以内の作業完了とタイムリミットを設けている銀行が多いです。

④定期預金口座(Saving Account / Term Deposit)

VCB Interest Rate 2020 (1)

2020年4月時点の定期預金の金利レート

定期預金口座は厳密にはSaving とTerm Depositの2種類があります。ベトナムドンの預入金額に応じて、普通預金口座に比べて年利6.5%の高い利子がつきます。一回の預金金額の上限はなく、窓口とネットバンクから無制限で定期を組むことが可能です。最低入金金額はなし。

まず、定期を組むには銀行窓口とネットバンクの2種類の方法があります。外国人がハンドキャリーで現金を持ってきた場合でも、定期に限ってはVNDで入金可能です。しかし、本手法では資金ソースの証明が取れないので、後々国際送金できません。入国時に税関申告を行いましょう。

一方で、定期なので普通口座のように随時出金できません。解約後に一旦普通口座へ移し出金します。また、満期以前に解約した場合は最低限の0.3%の金利が付きます。

2019年7月より非居住者外国人の定期預金が実質禁止
中央銀行の法令により、6ヶ月以上のビザまたはレジデンスカードを持っていない非居住者外国人は定期預金の新規開設ができなくなりました。まだ銀行によっては定期で運用する方法がありますが、ベトコムバンクは新規開設及び既存定期の更新が出来なくなりました。

 

個人的な使用感とメリデメ

まず、居住者・非居住者双方にとって、資産を預ける銀行の経営安定度は大切な指標です。民営化されたとは言え、未だ中央銀行(SVB)が過半数の株式を握っている国営系銀行なので破綻リスクは極めて低いです。ベトコムバンクは駐在員の給与口座や投資家のオフショア口座として長い付き合いが可能です。

次に、国営銀行の中では国際送金の使い勝手が良いです。日本など海外からベトナムに国際送金する場合、ローカルならベトコムバンク(外資ならスタンダード・チャータード銀行)に着金させることをオススメします。規定要件を正しく満たした上で定期預金やファンドで運用した場合、金利を除いた元本を国際送金で外に出せます。

そして、居住者の方にとって🉐特典豊富な「ベトナム航空AMEXのクレジットカード」は大きなメリットです。空港ラウンジが利用できる「プライオリティパス」の無料発行、ベトナム航空のチタニウム会員へのアップグレード、など年会費4500円のカードとしては破格。

🙆‍♂️VCBのメリット

  • 国営銀行ならではの経営安定
  • 定期預金の金利
  • クレジットカード特典が豊富「ベトナム航空×AMEXカード」
  • 国際送金・外貨取引に強い(外貨取扱高No.1)

一方のデメリットは、ローカル系銀行全般の問題としては、証明書や労働許可証なしに窓口でデポジットが出来ないことです。VCB固有の不便は、一度日本円で外貨預金してしまうと来店しないと資金移動できない点です。USドルはネットバンクでVNDに振替えたり、そのまま送金したりできます。

🙅‍♂️VCBのデメリット

  • 証明書なしにVNDを気軽に窓口・ATMでデポジットきない
  • ネットバンクでJPY口座の預金を動かせない(窓口のみ可能)

 

最後に

2020年現在、ベトナムの銀行口座や証券口座は非居住者の外国人でも口座開設の手立てがあります。

新興国ならではのインフレリスクはあります。しかし、CRCに加盟していない数少ない国であること、定期預金金利 6%~7%/年の高金利、カントリーリスクが少ないこと、世界でも成長著しいこと、などをメリットを考慮すれば世界でも有数の有望オフショア口座と言えます。

最後に、ベトナムの銀行は中央銀行の金融法令や各銀行独自のルールを正しく理解して付き合って行くことが大切です。

 

\🇻🇳ベトコムバンクの口座開設/

2020年現在ベトナムの銀行口座開設は随分と難しくなりました。
昨今、各国のマネーロンダリング対応が厳しくなる中、ベトナムも例に漏れず年々規制が厳しくなっています。数年後には非居住者の外国人が口座を開設出来なくなることは、諸外国の例を見れば容易に想像できます。
オフショア口座の開設は押し寄せる規制の波との勝負。ベトナム居住者、日本在住非居住者の双方から沢山のご相談を受けております。海外口座は作ったもん勝ちなので、今のうちに保有しておいて損は無いです。

Banner_ベトナム_アライバルビザ_Vietnam_Arrival Visa_ベトナムビザ大辞典






17 件のコメント

  • こんにちは。ベトコンバンクの口座開設にビザ必要とのことですが3か月の観光DLでも可能ですか?また、デビットカードは代理で受け取っていただいて、郵送してもらうことは可能でしょうか?でもインタネットバンキングできないベトコンより、テッコムのほうが良いような気がしますね・・・

    • チキン様
      こんにちは。お陰様で沢山のお問い合わせを頂いております。

      1. 観光ビザでもビジネスビザでも問題ございません。
      2. 開設サポートの一貫で、当方がデビットカードを代理で受取って、海外へ送るのは可能です。
      3. Techcombankは11月より、ビザが必要になりました。
      4. インターネットバンクの機能は基本は口座残高のチェックのみです。社会主義の国の銀行では、来店せずにネットバンクだけで国際送金を行こなうことは非常に難しいです。

      しかし、当方であれば、ネットバンクで国際送金できる方法をご提示できます。
      後で別途メール送りますので、ご確認下さいね。
      ありがとうございます。

  • はじめまして。
    本日、銀行口座(当座口座)開設のためベトコンバンクに行きましたが、contract laberが無いと口座開設は出来ないと断られました。
    それではとテコムバンクにも行きましたが、やはりcontract laberとpay rollが無いと口座開設は出来ないと断られました。
    知人のベトナム人にサコムバンクにも問い合わせて貰ったところ、デビットカードだけなら作ることが出来るとのことでした。
    私の持っていたVISAは3ヶ月の観光ビザ(マルチ)なのですが、どうも2017年になり規則が厳しくなったようです。
    もし何かまずかった点等がございましたら、ご指摘頂ければと思います。

    • ねもちん様

      お問い合わせ有難うございます。
      ベトナムでの銀行口座開設は銀行支店や窓口スタッフによって、開設の可否が大きく別れてします。
      ベトコンバンク、テッコンバンク共に、当方が取引している銀行支店及びマネージャーを通せば、ビザとパスポートのみで開設可能ですのでご安心下さい。
      年々、WPやレジデンスカードを持たない外国人への口座開設が厳しくなっております。とは言え、年利6%を越える定期預金や、情報交換ネットワークへの未加入など、ベトナムで口座を持つメリットは非常に大きいです。

      • ハノイで口座を開設される方へ
        ベトコンバンクは避けたほうが無難です
        私もビザを作ってからできました。
        口座ができるまでに10日以上かかりました。
        非常に不親切でした。
        役人企業と同じです。

        送金でさえWPを求めてくることが多いです。
        money gram送金さえも長時間待たされて
        できませんでした。

        BIDV銀行はビザなしで作れましたので
        ここを利用されたほうが開設後の問題も少ないです。

      • ハノイで口座を開設される方へ
        ベトコンバンクは、90%の確率でビザがない方は作れません
        私もビザを作ってからできました。
        口座ができるまでに10日以上かかりました。
        非常に不親切でした。
        役人企業と同じです。

        送金でさえWPを求めてくることが多いです。
        money gram送金さえも長時間待たされて
        できませんでした。

        BIDV銀行はビザなしで作れましたので
        ここを利用されたほうが開設後の問題も少ないです。

      • この度は口座開設のサポートを頂きありがとうございました。
        無事に口座開設を行うことができました。
        またその後のフォローも手厚く、大変感謝しております。
        今後も色々とご相談させていただければと思います。
        本当にありがとうございました。

        • ねもちん様

          この度は素晴らしい”ご縁”をありがとうございました。
          最近は経営者の方以外にも、ねもちん様のような会計士を始めとした各種士業の方のお問い合わせも増えております。
          引き続き、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

          • 口座開設を検討しており様々聞きたいことがございます 一度メールをお願い致します

  • 現在、ATMカードを持っていますが、デビット機能はついておりません。後付けで申し込みは可能なのでしょうか?できる場合は、カード再発行になりますでしょうか?

    • ゴリラ様
      ベトナムバンクのATMキャッシュカードは通常仕様はVisa Debit機能が付与されておりません。
      殆どの窓口スタッフは親切にA to Zで説明対応はしてくれませんので、それを前提で進めて頂くと良いでしょう。
      Visa Debitをつける場合は、銀行窓口に行って、書類を記入して新規申込が必要です。
      その場合は、パスポート、ビザ、(場合によってはワークパミットなど)を求められるので、ご準備下さい。

      また、これもオフレコですが、ATMカードはVND口座とUSD口座の2口座をカードも紐付けることが可能です。
      行員はわざわざ説明してくれないと思いますが、USD口座からVND出金できるのは利点です。
      JPYなどの他の外貨口座は対象外です。

  • ベトナム在住暦4年目です。今までお給料は手渡しだったのですが、5月から新しい会社で働くこととなりベトコンバンクの口座を開設します。
    ベトコンバンクから、日本の自分の口座に海外送金することは可能でしょうか?(地方銀行です。)

  • こんにちは。ベトナム在住もうすぐ1年です。

    ベトナムでも、民間銀行(全てかはわかりません)ならCDMでベトナムドンを預金できます。
    私はベトコムバンクとtimo(VPBank傘下)を持ってますが、timoであれば専用の支店か、VPBank支店にある機械で現金預金できます。
    もちろんなんの証明書もいりません。

  • ATMカードはVND口座とUSD口座の2口座をカードも紐付けることが可能です。
    行員はわざわざ説明してくれないと思いますが、USD口座からVND出金できるのは利点です。
    これは確かでしょうか?ベトナム国内のみ使用予定です。

    • ベトコムバンクのATMカードは、国際カードとローカル専用カードに分かれております。ご自身のカードが国際カードの場合、世界各国でVND口座からのみ出金可能です。一方で、ベトナム国内に限りVNDとUSD口座から出金できます。詳細は、銀行支店で確認されると良いかと存じます。ベトナム国外(海外)でのATM取引手数料は一回3-4%ほどです。各銀行でのステータスがVIPの場合、手数料は緩和されます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください